話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ぜったいぜったいねるもんか!

ぜったいぜったいねるもんか!

  • 絵本
作: マラ・バーグマン
絵: ニック・マランド
訳: 大澤 晶
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年05月
ISBN: 9784593504909

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ねむっちゃったらつまんない!愉快なおやすみ絵本です
ちいさいころ、「おやすみなさい」と両親より先に眠るとき、まだまだわくわくすることがおこりそうで、なんとも名残惜しい気持ちになりませんでしたか?
ふとんにはいってからも、リビングから楽しそうな声が聞こえてくると、興味津々ベッドを抜け出し、舞い戻ってきてしまうことはありませんでしたか?
そんな子どものころの「ぼくだってまだまだ起きていたい!」というわくわくした元気な気持ちが画面いっぱいにひろがる絵本です。

主人公のオリバーくんも同じ気持ちを抱くこどものひとりです。オリバーくんが眠りたくないのは、くらいところがこわいとか、かいじゅうやどろぼうがこわいとかという理由からではありません。そう、「ねむっちゃったらつまんない」からなのです!

だけど、このオリバーくん、大人もうらやむわくわくドキドキの夜を過ごすのです。こっそりベッドを抜け出して手品をしたり車にのったり、さらにはなんとロケットで火星にひとっとび…!

こどもたちにとって暗くてこわいあの夜が、めくるめく空想の旅に変わります。
ぬくもりに包まれるような読後感とともに、楽しい夢へといざなってくれる一冊。
こどもの想像力を広げてくれる愉快なおやすみ絵本です。

ベストレビュー

まだまだ遊びたい!

オリバーのように夜になってもまだまだ眠たくなくってちっとも寝ない孫です。孫もきっと、「起おきているのが好きで、眠っちゃうのはつまんない」と思っているのかなあって思いました。いつまでも遊びたい孫なのでオリバーのようだと思いました。オリバーは、親の目を盗んで勝手に遊んでいるつもりなんですが、両親はオリバーが寝たのを見届けているし、オリバーの自主性を尊敬しているのだと思いました。オリバーが寝たのを二人がドアを開けている場面が大好きです!親の深い愛を感じました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マラ・バーグマンさんのその他の作品

ちっちゃくたってつよいんだ! / クマクマ、クマがいっぱい!

ニック・マランドさんのその他の作品

宇宙のことがわかる本

大澤 晶さんのその他の作品

英国情報局秘密組織チェラブ Mission10:リスク / 英国情報局秘密組織チェラブ Mission9:クラッシュ / おばけのゆきだるま / 英国情報局秘密組織チェラブ Mission8:ギャング戦争 / 英国情報局秘密組織チェラブ Mission7:疑惑 / 英国情報局秘密組織チェラブ Mission6:リベンジ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ぜったいぜったいねるもんか!

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

ぜったいぜったいねるもんか!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット