新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
くぬぎの木いっぽん

くぬぎの木いっぽん

  • 絵本
作・絵: 近藤 薫美子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

<品切れ重版未定>

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784892388408


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

ベストレビュー

自然を守るということは・・・

息子が大好きな近藤薫美子さんの絵本です。
近藤さんの絵本の中でも、特に息子は気に入っていたようで、
何度も読み返し、読み聞かせをせがまれた一冊です。

事の始まりは、アリが見つけた森林伐採の立て札。
「人間がやってくる!たいへんだ!たいへんだ!」

アリの知らせを聞いたくぬぎの木の住人たち。
それはもう大騒ぎです。
その様子が手にとって解かるかのごとく、近藤薫美子さんが
大勢の生き物たちの気持ちを描きまくっているのがすごい。

たかだか、くぬぎの木を1本切り倒すだけじゃないかと
思われるかもしれませんが、その1本にどれだけの生き物が
関わって生活しているのかという事実、今までに無い視点で
木や生き物たちのことを考える機会を与えられました。

この絵本と出会ってから、息子は生き物の視点で物事を
考えるようになった気がします。自然を守ることは生き物を
守ることに繋がるということ、生き物が大好きな息子にとっては
衝撃的な1冊だったようです。
最後のページ、未来に繋がる終わり方が大好きです。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


近藤 薫美子さんのその他の作品

かなしみのぼうけん / むしホテルとなぞのちかしつ / せかいかえるかいぎ / むしホテルのおばけさわぎ /  えほん遠野物語 まよいが / ぴょんぴょんむし



松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

くぬぎの木いっぽん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット