まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
平和の種をまく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

平和の種をまく

  • 絵本
文・写真: 大塚 敦子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784265006281

小学校中学年向き

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

誰も戦争などしたくなかったのに、気づいたら始まっていたというボスニア。戦後10年、一度は敵として殺し合った民族が、緑の農園で再び心を通わせる姿を写した写真絵本。

ベストレビュー

平和への願い

同じ国に住む、違う民族の人達。
本当なら仲良く暮らせた筈なのに、「誰かがあおって」戦争が始まり、隣人同士での戦いを余儀なくされた・・・

そんな悲しくも恐ろしい出来事を経て、再生に向かう人々の様子が描かれていました。

どうやって悲しみを乗り越えていったのか・・・という語りの中に、砲撃で町が焼かれたこと、殺された人々が埋められたことや、民家の近くに地雷が埋まっていることなど、様々な内容が織り交ぜられており、読んでいて苦しい気持ちになってきます。
それでも、民族の違う人同士で助け合った人も大勢いたとも語られ、一般の人々は全く戦争を望んでいなかったという気持ちが強く語られています。

戦争は何も生み出さないということが、強いメッセージとして感じられる一冊です。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大塚 敦子さんのその他の作品

ギヴ・ミー・ア・チャンス / 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと / いつか帰りたいぼくのふるさと / こどもにやさしい病院 わたしはチャイルド・ライフ・スペシャリスト / わたしの病院、犬がくるの / 地雷のない世界へ−はたらく地雷探知犬


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 教育 > 平和の種をまく

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

平和の種をまく

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット