話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

くまのプーさんのクリスマス

くまのプーさんのクリスマス

  • 絵本
作・絵: ブルース=トーキントン
訳: 江國 香織
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784062104029

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

雪のふる12がつのさむい夜、プーのへやは、クリスマスの喜びに満ちていました。ところが、そこへ雪だるま――どういうわけかピグレットにそっくりな雪だるま――があらわれて、プーはたりないものに気がつきます。友だちにあげる贈りもののことを、すっかりわすれていたのです。クリストファー=ロビンに相談すると、贈りものだけでなく、くつしたもひつようだと教えてくれました。クリスマスまで、もう時間がありません。プーは、いったいどうするのでしょうか。

ベストレビュー

長めの話だけど

長めのお話ですが、聞けました。
みんなにおくりものを用意しようとするプーさんですが…?
まだクリスマスにおくりものをあげあうという習慣がないこども。成長してくるとそういった場面も出てくるかなー。
サンタさんが出てくる話ではないけど、気持ちの大切さ・やさしさが感じられるお話でよかったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


江國 香織さんのその他の作品

ひとりぼっちのもみの木 / 扉のかたちをした闇 / 改訂増補新版 エドワード・ゴーリーの世界 / 旅ドロップ / 講談社文庫 100万分の1回のねこ / ぼくにまかせて!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > くまのプーさんのクリスマス

絵本が教えてくれる国際基準の性教育『女の子のからだえほん』

くまのプーさんのクリスマス

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット