話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

日本語力で切り開く未来
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日本語力で切り開く未来

著: 齋藤 孝
出版社: 集英社インターナショナル

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥860 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年02月07日
ISBN: 9784797680492

173mm×106mm 240ページ

出版社からの紹介

本当に必要な日本語の姿がここにある!

「一億総表現者時代」と言われる現代。SNSには大量の日本語があふれ、そこには“センス"を感じさせる言葉も多い。このセンスある言葉たちの底には紫式部、夏目漱石、樋口一葉ら一流の日本語力が眠っている……そう、あくまでも眠っているのだ。身についているはずの日本語力を目覚めさせ、あなたの未来を切り開く極意がここにある。
「読む」「書く」「聞く」「話す」、あらゆる角度からあらゆる時代をめぐって、齋藤孝が日本語の魅力を語りながら、一億総表現者時代に送るエール。

〇「名文音読テキスト」で内側からきれいな日本語を身に着ける!
万葉集から明治時代までの名文を集め、音読しやすい表記にしました。歴史に残る文章を音読することで体に刻みこめば、自然ときれいな日本語が身につきます。

〇突然ですがここで問題です。括弧内に入る言葉を埋めてください。
「日本語力の研鑽を( 1 )ば、SNSなどで的を( 2 )コメントができるようになるかも? 今すぐ寸暇を( 3 )で、本書を読むことをお勧めします」
※本書では各章末にこれと同様の「日本語力検定ドリル」を掲載しております!

(解答: 1.積め 2.射た 3.惜しん)

【目次より抜粋】
第一章 日本語を失いつつある日本人へ
第二章 大和言葉と漢字の出会い
第三章 世界一“フレキシブル"な言葉
第四章 明治時代のビッグバン
第五章 先人たちの遺した道標を辿る
第六章 未来を切り開く日本語力

【著者略歴】
齋藤孝(さいとうたかし) 教育学者。1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。主な著書に『声に出して読みたい日本語』(草思社)をはじめ、『大人の語彙力大全』(中経の文庫)、『読書する人だけがたどり着ける場所』(SB新書)など著書多数。著書総発行部数は1000万部を超える。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


齋藤 孝さんのその他の作品

何のために本を読むのか / 友だちってなんだろう?ーひとりになる勇気、人とつながる力 / 齋藤孝のお話でみにつく!ことば図かん 小学1・2年生 / 文庫 声に出して読みたい親鸞 / 未来の自分に出会える古書店 / やばいことわざ


絵本ナビホーム > 一般 > 新書 > 日本語 > 日本語力で切り開く未来

似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット