もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
タンタンの冒険 タンタン ソビエトへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

タンタンの冒険 タンタン ソビエトへ

  • 絵本
作・絵: エルジェ
訳: 川口 恵子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月30日
ISBN: 9784834020380

自分で読むなら・ 小学中学年から
31X23cm・144ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

タンタンはスノーウィとともにソビエト連邦へと向かいます。ところがソビエト側の陰謀により何度も絶対絶命の危機に……。唯一カラー版にならなかった幻の第一作目。

ベストレビュー

唯一のモノクロ。そして大長編。

2年生(7歳)くらいからタンタンシリーズにはまった息子。
図書館で借りてきて、あっという間に全巻読み終え、
今だに繰り返し読んでいます。
毎度毎度大笑い。
文字通りお腹を抱えて笑って読んでいます。

しかし、この本だけはちょっと異色。
唯一モノクロであり、そしてとにかく分厚いのです。
これ、読めるのかなと半信半疑でしたが、
他のシリーズと同様、ちゃんと笑いながら読んでいました。

本当はフランスでは第一冊目だったようですが、
日本では19巻目に出版されました。
欧米がイメージする社会主義国ソ連がこれ、なんでしょうね。
そういえば、映画「007」シリーズでも、
ソ連はまさにこんな風に描かれていました。
今の子どもが読む場合は、
現在のロシアではなく、
ソ連であることを伝える必要があります。

(Tamiさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エルジェさんのその他の作品

タンタンの冒険 限定版コレクターズBOX / ペーパーバック版 タンタンの冒険 タンタン チベットをゆく / ペーパーバック版 タンタンの冒険 タンタン ソビエトへ / ペーパーバック版 タンタンの冒険 タンタンとピカロたち / ペーパーバック版 タンタンの冒険 タンタンとアルファアート / ペーパーバック版 タンタンの冒険(4) 6冊セット

川口 恵子さんのその他の作品

ペーパーバック版 タンタンの冒険 カスタフィオーレ夫人の宝石 / ペーパーバック版 タンタンの冒険 タンタンのコンゴ探険 / ペーパーバック版 タンタンの冒険 燃える水の国 / ペーパーバック版 タンタンの冒険 紅海のサメ / ペーパーバック版 タンタンの冒険 めざすは月 / ペーパーバック版 タンタンの冒険 月世界探険



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

タンタンの冒険 タンタン ソビエトへ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット