新訳 ドリトル先生アフリカへ行く 1

新訳 ドリトル先生アフリカへ行く 1

著: ヒュー・ロフティング
訳: 河合 祥一郎
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥440 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月21日
ISBN: 9784041087893

176ページ

出版社からの紹介

やったぜ! 映画化!! 『ドクター・ドリトル』2020年3月20日全国ロードショー!!
世界中で愛される、動物と話せるお医者さんの物語。第1弾。
【動物と話せるお医者さんのびっくりゆかいな大冒険!新訳&挿絵付】
装画・挿絵:ももろ

※本書は、既刊の角川つばさ文庫版の漢字表記や表現を大人向けに加筆修正し、全ての漢字にふられていたルビを最低限にまでへらしたものです。

●あらすじ
ドリトル先生は動物のことばが話せる、世界でただひとりのお医者さん。でも患者は動物ばかりで人はよりつかず、いつも貧乏。
ある日、ジャングルのサルの間で広がる、おそろしい伝染病の話を聞き、仲良しのオウム、子ブタ、アヒル、犬、ワニたちと、船でアフリカへむかう。
凶悪な海賊との対決、世にもめずらしいボクコチキミアチとの出会い…。
世界中の子どもと動物に愛されるお医者さんの名作を、新訳とかわいい挿絵で楽しもう!

●新訳のここがポイント!
「ドリトル先生」といえば、先行の井伏鱒二訳(岩波文庫)を思いうかべる方も多いかと思いますが、あちらは1951〜79年にかけて出版されたもので、時代の制約もあったせいか、原文どおりに訳されていないところも多くあります。ですが、本作ではそうした点をすべて改めています。

・ラストで、アヒルのダブダブが焼くおやつが、先行訳では「パン」だが、正しくはイングリッシュ・マフィンであるため、新訳では「マフィン」に。
・世にもめずらしい動物pushmi-pullyu(頭が二つある動物)は、先行訳では「オシツオサレツ」だが、新訳では「ボクコチキミアチ」に。

など、他にも多くの変更箇所がございます。イギリスの文化背景を知っていないと正しく訳せない下りが、本作では美しく訳されています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヒュー・ロフティングさんのその他の作品

新訳 ドリトル先生の郵便局 3 / 新訳 ドリトル先生のサーカス 4 / ドリトル先生アフリカへ行く  / 新訳 ドリトル先生航海記 2 / 100年後も読まれる名作(5) ドリトル先生航海記 / トミーとティリーとタブスおばあさん

河合 祥一郎さんのその他の作品

角川つばさ文庫 新訳 ナルニア国物語(6) 魔術師のおい  / 新訳 ナルニア国物語1 ライオンと魔女と洋服だんす 1 / 新訳 ナルニア国物語2 カスピアン王子 2 / 新訳 アテネのタイモン / 角川つばさ文庫新訳 ナルニア国物語(5) しゃべる馬と逃げた少年 / 英日CD付英語絵本 夏の夜の夢 A Midsummer Night’s Dream


絵本ナビホーム > 一般 > 文庫 > 外国文学小説 > 新訳 ドリトル先生アフリカへ行く 1

【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット