新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
「スペインの最も美しい村」全踏破の旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「スペインの最も美しい村」全踏破の旅

著: 吉村 和敏
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年02月28日
ISBN: 9784065183472

256ページ

出版社からの紹介

シリーズ第4弾。「最も美しい村」連合公認の79村(2019年11月現在)を全踏破。圧倒的な美しさで村々の息遣いを切り取る。

「スペインの最も美しい村」とは

2011年に「スペインの最も美しい村」協会が設立され活動を開始。人口15000人以下(歴史地区の人口は5000人以下)であること、建築的遺産または自然遺産があることなどを条件に、村内の環境、宿泊施設、案内板に至るまで厳正に審査し、登録を認定している。2019年11月末時点で、79村が認定されている。

白い村、石畳の村、城壁の村……
絶景と歴史遺産を巡る旅

どの村も歴史ある石積みや木組みの家屋が寄り添うように建ち並び、立派な聖堂を持っていた。美しい景観やまだ知らぬ歴史文化に新鮮な驚きとときめきばかり。旅が終わる頃には心が高揚感で満たされていた――

写真家吉村和敏が、取材期間3年をかけて訪ね歩いた、知られざるスペイン。雄大な自然と、激動の歴史を静かに伝える美しい村々を活写する!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉村 和敏さんのその他の作品

赤毛のアンの島へ プリンス・エドワード島&物語ガイド  / クリスマスツリー / あさの絵本 / ゆう/夕


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 写真・工芸 > 「スペインの最も美しい村」全踏破の旅

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット