話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

風の又三郎

風の又三郎

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 小林 敏也
出版社: パロル舎

税込価格: ¥2,200

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784894191648

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

子どもたちの世界はなかなかおもしろい!

宮澤賢治の子供の世界の描き方がなかなか面白いなあ〜

小学生の男の子達の遊びが魅力的に描かれているなあ〜

転校してきた三郎、彼は、お父さんの仕事で転校してきた。はじめはみんなも、違和感があったけれども、そこは子供の、すばらしさで、三郎を仲間に、いろんな遊びをする。
一番大きい6年生の、一郎を中心に、それぞれの子どもたちが独りひとり、個性があり、存在感がある。
子供の好奇心は、いつの時代も同じだなあ〜

男の子は、面白い!(魅力的だ)
不思議な経験を、いろいろしている。
三郎もすっかり仲間になっていて、風の又三郎と不思議な存在として描かれている、みんな、一目おいていたのだろう!

このお話を、さらに盛り立てているのは、小林敏也氏の絵だと思う。
美術館の作品を見ているようで、心地が良い、馬の絵、耕助が、木を見上げる絵はとても
気に入りました!
川で裸で泳いで、、木に登っている絵も面白い!

三郎は、お父さんの仕事でまた、北海道に帰っていく、みんなにお別れの挨拶もすることなく・・・・

どっどど どっどど どどどど どどこ どどこ 風三郎
歌が あって、保育園の子どもたちと歌ったのが懐かしい!

風の又三郎は、今頃どうしているんだろう。

そして村の子どもたちは、三郎がいなくなってどんな風に思ったんだろう?
余韻を残すお話でした。
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

よだかの星 エコトバ第1巻 / やまなし Mountain Stream / 宮沢賢治童話集 注文の多い料理店・セロひきのゴーシュなど / 版画絵本 宮沢賢治 全6巻 / 北守将軍と三人兄弟の医者 / シグナルとシグナレス

小林 敏也さんのその他の作品

うねゆたかの田んぼの絵本 4 田んぼの環境 土に石ころがないのはなぜ? / うねゆたかの田んぼの絵本 5 田んぼの文化 なぜ正月はやってくるの? / 田んぼの植物 草刈りしないといけないのはなぜ? / よだかの星 / 田んぼの四季 第1巻 なぜ赤とんぼは人間に寄ってくるの? / うねゆたかの田んぼの絵本 全5巻 田んぼの動物 第2巻 足あとにオタマジャクシが集まるのは?



「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

風の又三郎

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット