貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
くすのきだんちは10かいだて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くすのきだんちは10かいだて

  • 絵本
作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784564018213

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

みごとな連携プレー!

息子が3歳の時に祖父母に買ってもらった絵本です。
大きな“くすのき”が団地になっていて、地下1階・地上10階建てです。
各階に1世帯ずつ住んでいて、管理人の“もぐらのもぐ”はその地下1階に住んでいます。
そして、1階にはちょっと気難しい音楽家のきつねさん、2・3階に看護師のうさぎの姉妹、
4階にはさるの大工さん、5・6階はりすのレストラン、7・8階は現在空き室で、9階に
ふくろう、10階にももんがが住んでいます。
ある日、8階にかけすが引っ越してきて、お嫁さんを貰い、卵が生まれると、
へびが最後の空き室に引っ越したいと部屋を見に来て... という話です。

へびがかけすの卵を狙っていると気付いてからのもぐの機転の速さと、
もぐとりすさんの連携プレーが素晴らしいです。
そして、こんなに仲の良い団地の住民っていいなぁ。

今回は、もぐとりすさん、さるの大工さんが活躍しましたが、この次のシリーズでは
違う住民たちが活躍します。シリーズで読むと楽しいですよ! 
お奨めです。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


武鹿 悦子さんのその他の作品

のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ / くすのきだんちのあきまつり / おかあさんのいのり / おはなし ねんねんねん / おそろい おそろい

末崎 茂樹さんのその他の作品

わんぱくだんのおにわのようせいたち / おーいおばけ / わんぱくだんのおかしなおかしや / わんぱくだんのてるてるぼうず / ぼくのマルコは大リーガー / わんぱくだんのひみつきち



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

くすのきだんちは10かいだて

みんなの声(56人)

絵本の評価(4.49

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット