新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくと パパ

ぼくと パパ

  • 絵本
作・絵: セルジュ・ブロック
訳: 金原 瑞人
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年05月
ISBN: 9784062626217

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくは、パパとなかよし!
パパはいつだってぼくとあそんでくれる!
でも、ちょっとフクザツな気持ち。
パパは、それもわかってくれてるんだ、よ、ね!
父の日の絵本

サムの家族は、パパ、ママ、弟。
サムは、いつもパパといっしょ。
パパは、いつも家にいるから。
ママは、弟の世話でいそがしいから。
でも、それだけじゃないはず。
そうだよね、きっと!

ベストレビュー

おしゃれな家族を描いたおしゃれな絵本

 おしゃれ。漢字で書くと、お洒落。
 あの服おしゃれね、とか、あそこのレストランお洒落だって、なんて使う。
 ラーメン屋さんであまりおしゃれって使わない。
 意味を調べると、「洗練されている」と出てくる。ラーメン屋さんだって洗練されているお店はあるだろうが、やはりどちらかといえば、もっと脂っこい。
 フランスの絵本作家セルジュ・ブロックさんが描いたこの絵本は、おしゃれだ。
 絵の感じが日本のものとはやはりどこか違う。
 その差が、おしゃれという言葉になりそうだ。

 サムという男の子の家も、なんとなくおしゃれ。
 絵を描く仕事をしている、ちょっとおなかがでて、頭も少しうすくなっているパパも、ショートな髪型で細身のママも、わがままな、それはきっとサムより年下だから仕方がないんだけど、弟のレオンも、みんなおしゃれだ。
 どうしてそう見えるのだろうって考えて、それはセルジュさんの絵の彩色がとってもおしゃれなことに、洗練されていることに、気がついた。

 サムはパパが大好きだから、だって「大きくなったらパパになる」っていうくらい好きなので、パパの癖とか行動パターンとかみんな覚えている。
 だから、この絵本はサムが大好きなパパがいっぱい描かれている。
 でも、それはフランスの、サムのパパだけのお話ではない。
 きっと日本の、君たちのそばのお父さんも、きっとサムのパパのように、おしゃれなはずだ。よく見ると。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


セルジュ・ブロックさんのその他の作品

いのちのかぞえかた / ボクの穴、彼の穴。 / キスしたいって言ってみて / パリのおばあさんの物語 / まってる。 / きもちって、なに?

金原 瑞人さんのその他の作品

戦争が町にやってくる / スカンダーと奪われたユニコーン / マインクラフト 難破船と人魚の秘密 下 / ポプラキミノベル いまを生きる / ドリトル先生航海記 / オスカー・ワイルド ショートセレクション 幸せな王子



えほん新定番 from 好書好日

ぼくと パパ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット