季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
雨がふったら、どこへいく?

雨がふったら、どこへいく?

  • 絵本
作・絵: ゲルダ・ミューラー
訳: いとうなおこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年05月
ISBN: 9784566008717

小学校低学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

リュックとマリオンのふたごのきょうだいは、なかよしのステフといっしょに、ぬまにでかけます。まわりには、いろいろな生きものがいっぱい! ところが、雨がふりだすと…あれれ? みんな、どこへいくのかな?

ベストレビュー

雨を知る絵本

なんだか文章が多いなぁ・・・雨の日の話かあ、と思って
なかなか読めなかった絵本でしたが
読んでみるとなかなか面白い。

雨が降ったら、動物や虫たちはどこへ行っているのか?
そんな子どものふとした疑問を真剣に絵本いっぱい使って
こたえてくれる絵本です。
そうかぁ、こうして雨をしのぐのね。
チョウやトンボが緑の屋根の下で雨宿りする姿を見て
新鮮な感動を覚えました。
この歳になっても、考えてみたこともなかったので。

正直、雨は空が暗くて濡れるしお洗濯もダメに、
苦手なイメージしかなかったです。
そのときの動物たちの行動、そもそもなぜ発生するかまで追求する絵本は
そんな私の雨への見方を変えてくれました。
子どもにももう少しおおきくなったら読ませたいです。
(ととくろさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ゲルダ・ミューラーさんのその他の作品

ソフィーのくだものばたけ / マルラゲットとオオカミ / ゆきのひのおくりもの / ブレーメンのおんがくたい グリムのどうわより / 庭をつくろう! / ソフィーのやさいばたけ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > 雨がふったら、どこへいく?

2月の新刊&オススメ絵本情報

雨がふったら、どこへいく?

みんなの声(13人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット