話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

バラ咲くじゅうたんのあるところ

バラ咲くじゅうたんのあるところ

  • 絵本
作: ルクサナ・カーン
絵: ロナルド・ハイムラー
訳: 若林千鶴
出版社: そうえん社

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「バラ咲くじゅうたんのあるところ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年
ISBN: 9784882642824

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

アフガニスタンの難民キャンプ

この作品はコルチャック賞受賞作家が書いたお話です。
アフガニスタンの紛争を描いた作品では珍しくページをめくるとすぐ空爆をしているシーンでした。
初っ端から重たい、悲しい始まり方です。

この作品中に主人公を援助してくれる団体名が出てきます。
「フォスターチャイルド」これって、全世界支部がある支援団体で、主に貧しい子どもたちの夢を叶えるためにいろいろな方法で支援活動を行っています。
作者は元々パキスタン人で現在はカナダに住んでいるそうですが、こんな風に支援団体のことを書くということは、作者自身がこの支援団に義援金を出しているのかもしれません。

気になったのが、主人公のいつもつらそうな表情
(アフガニスタンなどの紛争があった地域の写真絵本度を見ると、子どもたちはどんなにつらい状況下でもkら切らした笑顔でいるのに、この主人公はなぜいつもつらそうなのでしょうか?)と、
最後の終わり方。
まるでアニメ【フランダースの犬】の最終回みたいじゃないですか。
主人公が修行をつんで、無事に立派なじゅうたん職人になってくれるといいなと思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルクサナ・カーンさんのその他の作品

ぺろぺろキャンディー

ロナルド・ハイムラーさんのその他の作品

いつかどんぐりの木が

若林千鶴さんのその他の作品

父さんのことば / よるなんて…… / アンバー・ブラウンとブランディ / アンバー・ブラウンのなつやすみ / マンザナの風にのせて / ぼくのなかのほんとう


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > バラ咲くじゅうたんのあるところ

「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

バラ咲くじゅうたんのあるところ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット