新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ピアノをひくのはだれ?
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

ピアノをひくのはだれ?

  • 絵本
作: やすい すえこ
絵: いもと ようこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1987年
ISBN: 9784333013135

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

かわいいねずみたち、ちょっぴりずるいかわうそさんに、愛らしいこねこちゃん…。楽しく愉快な仲間たちが繰り広げる、8話のおはなし集。一話完結だから、一日一話ずつ読んだり、好きなお話から読み始めたり、楽しみ方は自由です。空想豊かなお話ばかりなので、夜、寝る前の読み聞かせに最適です。

ポイント
・一話完結、8つの楽しいお話が一冊に収録。
・A4判変型、36頁の大型絵本だから、読み聞かせに最適。
・一人で読むなら6歳から。読み聞かせは4歳から。

著者の言葉――やすいすえこ いろんなお菓子がいっぱい、というのが好きです。
子どもの頃、おやつの紙袋をもらうと目はキラキラ胸が踊りました。やぶるように開けると、あげせんべい一枚、飴玉二つ、チョコレートがひとかけら。どれから食べようって、迷ったこと、思い出してもわくわくします。
いろんな色がいっぱい、というのが好きです。
12色の色えんぴつや24色のクレヨンを、机の上にばらまくと、時を忘れます。これはお日さま色、これは野原色……。そっと見ていると、わたしだけの風景が、どこまでも広がってゆくのです。
いろんな面がいっぱい、という人が好きです。
わたしは、いもとさんを、ひそかに――絵筆を持ったおもちゃ箱――と、呼んでいます。
ある時は、飛んだり跳ねたり元気なねこを描き、ある時は、悲しみをこらえる母を描いて、生きてゆく寂しさと喜びを教えてくれます。
すてきなおもちゃでいっぱいの、おもちゃ箱のように、心にいくつも表情をもつ人、いいなって思います。
いろんな童話がいっぱい、という本が好きです。
そんな本を作りたいと夢見てきました。その願いを聞いて、絵筆を持ったおもちゃ箱が、にっこり笑って、ひっくり返ってくれました。
いろんなおもちゃが飛び出した、この絵童話集。楽しんでいただけたら、とても幸せです。

ピアノをひくのはだれ?

ピアノをひくのはだれ?

ベストレビュー

もりだくさん……

題名とはだいぶイメージがちがっていました。

おはなしがいっぱい詰まっていて、どれもこれも
楽しいえほんだなあと 感じています。

クイズの要素もあって 楽しみながら さきにすすむことが
できました。

結局 ピアノをひくのは だれだったのでしょうか?
最後までよんで、確かめてくださいね。
(ゆうちょさんさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


やすい すえこさんのその他の作品

紙芝居 ながいきしてね 七五三 / まんなかのはらのおべんとうや たねっぽのおはなし / まんなかのはらのおべんとうや そらのこのおはなし / まんなかのはらのおべんとうや / だいすきだから! / ふうふうふう〜

いもと ようこさんのその他の作品

きつねの窓 / きつね山の赤い花 / つるの家 / サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください / まほうのあめだま / どうしてしっぽがないの?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ピアノをひくのはだれ?

4月の新刊&オススメ絵本情報

ピアノをひくのはだれ?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット