貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
まほうつかいのにせものさわぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まほうつかいのにせものさわぎ

作・絵: デビッド・マッキー
訳: 安西 徹雄
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まほうつかいのにせものさわぎ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

いたずらするメルリック.

『まほうつかいのメルリックのはなし』の6巻目です。
メルリックを一方的にライバル(?)だと思っているソンドラックの新たないじわるが始まりました。
事件の始まった最初はそうとは気付かなかったのですが、
メルリックの妹やいとこたちが、そんなことをするのは「ソンドラックに違いない」と断定し、実際その通りだったりするところがこの作者のおはなしの持っていき方の面白さかな〜と、思いました。
子どもたち向けのおはなしって、筋が読めちゃうのに、そこが面白い!って、思わせるものの方が評価が高いことが多いんですよね〜。
日本の「時代劇」や「刑事コロボ・シリーズ」の作品の作り方と似てると思いました。

それにしても、ソンドラックのやったことの仕返しとして、本物の優しい魔法使いであるメルリックが、王さまにわざと意地悪なんかしてしまうところは、なんだか可愛らしくて笑ってしまいました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デビッド・マッキーさんのその他の作品

エルマーとクジラ / エルマー はやいのはだれ? / エルマーのはじめてのかずのほん / エルマーのはんたいことば / かたぬきフェルトしかけえほん ぞうのエルマー ジャングルのともだち / メルリック 〜まほうをなくした まほうつかい〜

安西 徹雄さんのその他の作品

おひめさまをすくいだせ!(チャイルド本社刊) / まほうつかいとふしぎなおおかん / まほうつかいとドラゴン / ききゅうにのったまほうつかい / まほうつかいとペットどろぼう / またまたぞうのエルマー



さがして、あそんで、ちょっとまなべる地図絵本

まほうつかいのにせものさわぎ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット