日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
香港はなぜ戦っているのか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

香港はなぜ戦っているのか

著: 李 怡
訳: 坂井 臣之助
出版社: 草思社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年03月02日
ISBN: 9784794224453

264ページ

出版社からの紹介

危機は起こるべくして起こった!
香港在住70年のベテランジャーナリストが暴く「一国二制度」の欺瞞に満ちた実態。
中国の圧迫が生んだ「香港人意識(本土意識)」の高揚に光を当てるタイムリーな一冊!

危機の背景にあるのが、香港の中国化と、
それに反発する香港の本土意識の高まり、両者の対決である。
香港の本土意識とは何か。わかりやすく言えば、それは香港を「ふるさと」と考え、
香港の現状(法と自由の尊重)を大切にし、広東語の文化を愛し、香港の利益を優先する
ローカリズム(地域主義)の意識である。
本土意識こそ近年の香港情勢を読み解くキーワードだと言っても過言ではない。
(本書「解説」より)

<目次より>1、香港の「本土意識」とは何か
2、香港の「本土意識」はいつ生まれたか 
3、なぜ「香港を守る」という意識が拡大したのか 
4、香港人と新香港人 
5、危機に直面する「法治」
6、「愛港」精神と脱中国化 
7、無視されつづける市民感情
8、台湾と香港、新たなアイデンティティの誕生 
9、「一国」の圧迫が生んだ「二制度」の自主意識
10、いかにして混迷から抜け出すか

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


坂井 臣之助さんのその他の作品

超限戦 21世紀の「新しい戦争」


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 社会 > 香港はなぜ戦っているのか

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット