話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ぼくは犬や

ぼくは犬や

  • 絵本
作: ペク・ヒナ
訳: 長谷川 義史
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年04月16日
ISBN: 9784893096739

270mm×210mm 40ページ

出版社からの紹介

犬と人間の家族の泣き笑いの物語!ひとはぼくを「グスリ」とよぶんや。パンウリというおかあちゃんから4ばんめにうまれたんが、ぼくや。おっぱいからはなれたときに、ここにやってきた。おとうちゃん、おばあちゃん、ドンドン、近所に住むたくさんのきょうだいとグスリは今日も全力でつながります。『あめだま』のグスリとドンドン、ちいさい頃のおはなし。

ぼくは犬や

ぼくは犬や

ベストレビュー

迫力の犬目線

『あめだま』でドンドン少年に寄り添っていた飼い犬グスリが語るエピソードです。
もちろん伴走するのは、長谷川義史さんの軽快な関西弁訳です。
なんと、ドンドン少年との出会いまでさかのぼります。
子犬のグスリが何ともかわいい姿です。
そして、『あめだま』では亡くなったおばあちゃんでしたが、
そのおばあちゃんも存命。
グスリのお母ちゃん犬パンウリの存在感もすごいです。
生々しいほどの造形と表情、アングルがドラマティック。
お母ちゃんよりもドンドンに走り寄るグスリ。
その絆が伝わってきます。
食べ過ぎエピソードは、飼い犬あるあるでしょうか。
ラストの光景は何とも素敵です。
小学生くらいから、高度ですが読み取ってほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かける
    かける
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    はらぺこめがね最新刊!ケチャップ、シロップ、粉チーズ…かけるは美味しくなる魔法です★

ペク・ヒナさんのその他の作品

おかしなおきゃくさま / あめだま / 天女かあさん / 天女銭湯 / ふわふわくもパン

長谷川 義史さんのその他の作品

しげちゃんの はつこい / 会いたくて会いたくて / こたつうし / みどりのほし / ちょきんばこのたびやすみ / おおにしせんせい



今月の新刊&オススメ絵本情報

ぼくは犬や

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット