ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ 工藤直子詩集 てれるぜ

つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ 工藤直子詩集 てれるぜ

  • 絵本
作: いもと ようこ 工藤 直子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年03月26日
ISBN: 9784065183748

36ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「のはらうた」シリーズで小さな生きものたちの声を、詩として拾い続ける工藤直子さん。
この絵本には、そんな工藤さんの詩が16篇、載っています。

「ひなたぼっこ」では、春の野に伸びるつくしがチョウに呼びかけ、
「ねがいごと」では、たんぽぽが思いを込めて綿毛を飛ばし、
「てれるぜ」では、かまきりが意外な一面を見せてくれます。

虹が野原にリボンをかけたという「おいわい」や、落ち葉から大地への手紙という「おちばのてがみ」では、自然への感謝が感じられます。

小さな生きものたちをじっくり観察して紡ぐ工藤さんの詩は、
生きものたちの声を聞き取ったように感じるほど生き生きとしています。
いもとようこさんの描く生きものたちも、かわいらしくて心が和みます。
子どもたちにも身近な生きものたち、彼らの声を聞くことで、より一層自然に興味が湧いてきそうです。
詩と出会う最初の一冊にピッタリの作品です。

(絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

生命力あふれるしなやかな工藤直子の詩の世界と、日本を代表する絵本作家の一人であるいもとようこの作品世界が一つになった、工藤直子の詩絵本!季節ごとに読み返したい一作。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

きつねの窓 / きつね山の赤い花 / つるの家 / サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください / まほうのあめだま / どうしてしっぽがないの?

工藤 直子さんのその他の作品

女声(同声)合唱とピアノのための ばらの初夏 / ちび竜 / さとやまさん / 密林一きれいなひょうの話 / 絵本で出会う星の王子さま / てつがくのライオン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ 工藤直子詩集 てれるぜ

4月の新刊&オススメ絵本情報

つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ 工藤直子詩集 てれるぜ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット