新刊
おともだちに なってくれる?

おともだちに なってくれる?(評論社)

ミリオンセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』のかわいい続編♪

  • かわいい
  • ギフト
死学のすすめ − 死はおそれるものではなく学ぶもの −

死学のすすめ − 死はおそれるものではなく学ぶもの −

著: 曽野綾子
出版社: ワニブックス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年03月27日
ISBN: 9784847099045

224ページ

出版社からの紹介

老いも病いも楽しめる
人生の後半に必要な操作は、許容、納得、断念、回帰

長生きすればすれほど、死は身近なものになる。死から目をそらすことなく、死を意識して生きてこそ、限りある生が輝く。本書は、高齢者のための死学講座として、幼少の頃から死に向かう志向があったという著者の死生観をあますことなく紹介する。あらゆるものは貸し出されたものにすぎない。

自分に謙虚になることで、一生を振り返る
知覧一青年たちは何のために死んだか
マルクス・アウレリウスの 『自省録』
死者が残すべきは「身軽くて温い記憶」
いい離婚は経験豊かな人にしかできない
晩年の義務は、記憶さえ押しつけがましくは残さないこと

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


曽野綾子さんのその他の作品

新しい生活 / 続 夫の後始末 今も一つ屋根の下で / 88歳の自由 / 人間の義務 / 病気も人生 不調なときのわたしの対処法 / 【新装版】 老いの冒険 わたしだけの時間を生きる


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 死学のすすめ − 死はおそれるものではなく学ぶもの −

カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット