話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

トリケラトプスのなんでもないいちにち

トリケラトプスのなんでもないいちにち

  • 絵本
著: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年06月25日
ISBN: 9784032213508

3〜5歳
210mm×260mm 32ページ

みどころ

太古の地球を支配する、弱肉強食のルール!
そんな世界をズシズシ歩く、巨大な体に鋭い牙!
敵うつツノに、ヨロイの体!

もちろんそうです、みんな大好き恐竜の絵本です。
恐竜といえば、ダイナミックなイメージをかきたてられるもの。
でもね、そうそういつも、ドラマチックな毎日を送っているわけがないのです。
彼らにも、なんでもない日常があった……のかもしれません。

朝、角に落ちる水のしずくに起こされたトリケラトプス。
寝床を出て、森をめざし、草をはんで、水を飲む。
その一日に、凶暴な肉食恐竜の姿や、太古地球の自然との生死をかけた戦いはありません。
いろいろな恐竜との、つかず離れずな共存があり、おだやかな自然の営みがあるばかり。
こんな恐竜絵本、見たことない!
でも、それが逆に新鮮で、リアル……。

著者は『ピンポン・バス』や『せんろはつづく』、「黒ねこサンゴロウ」シリーズの竹下文子さん×鈴木まもるさんの夫婦コンビ!
鈴木まもるさんは鳥の巣研究の第一人者としても知られており、恐竜が進化して鳥になったことを考えると、なるほど、必然ともいえる恐竜絵本が誕生したのです。

にょいん、と後頭部がのびた頭が特徴的な、パラサウロロフス。
巨大なワニの、デイノスクス。
おおきな体と、長い首が壮観な、アラモサウルスなど――
トリケラトプスのささやかな一日にすれちがう、それぞれの日常を生きる恐竜たちが十種以上登場するのもみどころのひとつ。
恐竜たちと過ごす、おだやかに流れる白亜の時間を、ぜひ楽しんでみてください。

ちなみにおふたりによるシリーズで、ティラノザウルスのごはん探しを描いた『ティラノザウルスのはらぺこないいちにち』も同時発売しています。
実は、この2冊は同じ一日を描いたものなんです。

両方の作品を読んでみると、トリケラトプスの一日に起こるアレやコレが、じつはティラノザウルスのごはん探しが原因だったとわかります。

トリケラトプスののんびりな一日の裏で、ごはん探しをがんばるティラノザウルスのドタバタな一日も、のぞいてみてください。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

のりもの絵本で人気のコンビの、恐竜絵本。恐竜がいた時代にタイムスリップできそうな、リアルな世界が広がります。草食恐竜のトリケラトプスは、朝目を覚まし、ゆったりと歩き出します。アルバートニクス、パラサウロロフスなど、さまざまな恐竜のようすをのんびりと見ながら、草原で朝の食事。肉食恐竜のゴルゴザウルスに会ったときにはどきどきしますが、じっとしてたら気づかずにいってしまいました。それから森にやってきて、またおいしい葉っぱを食べます。ぎゃあぎゃあ叫びながら走ってきたオルミトミムスの群れに驚きながらも、散歩。プテラノドンの群れが飛ぶ夕暮れの草原でも草をはみます。きょうもなんでもないいちにちでよかった、と。同時刊行の『ティラノサウルスのはらぺこないちにち』とあわせて読むと、同じ世界に生きている2種類の恐竜を、それぞれの目線で楽しむことができます。

ベストレビュー

悠々としたトリケラトプスの一日

トリケラトプスが悠々と過ごす一日の様子を描いたお話でした。
一日のなかに本当にたくさんの恐竜が出てくるので、恐竜好きの息子は大満足だったようです。
すでに何冊も恐竜の絵本を読ませていただいていますが、知らない恐竜がまだまだたくさんいるので驚きます。
(さくらっこママさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

竹下 文子さんのその他の作品

光のカケラ / 流れ星レース / 波のパラダイス / こわいものなしの六人 / ドルフィン・エクスプレス / 三日月ジョリー

鈴木 まもるさんのその他の作品

戦争をやめた人たち 1914年のクリスマス休戦 / 読みきかせ大型絵本 せんろはつづく どこまでつづく / せんろはつづく にほんいっしゅう / としょかんのきょうりゅう / なんでもレストラン / なにしてるの?


絵本ナビホーム > > トリケラトプスのなんでもないいちにち

えほん新定番 from 好書好日

トリケラトプスのなんでもないいちにち

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット