話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
せつぶんワイワイまめまきの日!

せつぶんワイワイまめまきの日!(文溪堂)

ストーリーを楽しみながら節分の知識が身につく!

  • 全ページ
  • ためしよみ
まなちゃんはおおかみ
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

まなちゃんはおおかみ

  • 絵本
作: 種村 有希子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年06月30日
ISBN: 9784033327709

3〜5歳
240mm×230mm 32ページ

みどころ

すみれ組はおゆうぎ会で『おおかみと7ひきのこやぎ』の劇をやることに。あかね先生から役が発表されます。おおかみの役はみんなで3人、けいたくんとひよりちゃん、それからまなちゃんです。おおかみ役がやりたかったかいくんは大騒ぎ。

「えー! ぼくが おおかみやりたい!」

一方、おおかみ役に決まったまなちゃんは静かに黙っているばかり。からだが小さいかいくんと、背の高いまなちゃん。反応も全く違うようです。練習が始まっても、かいくんはいつでも「おおかみ役」をやりたがり、まなちゃんはずっと黙ったまま。そのまま本番の日を迎えるのですが、直前になると大変なことに気がつきます。

「あれ? まなちゃんが いない!」

いったいどこへいったのでしょう。まなちゃんがずっと言いたかったことは、なんだったのでしょう……。

お話に合わせて、それぞれ違う役を演じるのがおゆうぎ会。色々な子どもたちがいるからこそ、みんながみんな自分の思う通りにいくとは限らないですよね。でも、大事なのは、どう向きあえるかってこと。自分の気持ちを確かめること。これって意外とむずかしい。

いやだと騒ぐかいくんと、何にも言えなかったまなちゃん。ふたりは本番直前に正面から向き合い、思いがぶつかり合うのです。すると正反対だったはずのふたりは、いつの間にか同じような笑顔になっていき。

子どもたちの「小さな小さな心の変化」を豊かな色彩感覚で見事に描き出すのは、注目の絵本作家、種村有希子さん。それぞれの性格まで見えてくるような繊細な表情の描き方も魅力的です。まなちゃんとかいくん、ふたりの続きのお話も見てみたくなってきますよね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

まなちゃんはおおかみ

まなちゃんはおおかみ

出版社からの紹介

もうすぐおゆうぎ会。すみれ組は、『おおかみと7ひきのこやぎ』の劇をすることになりました。あかね先生から、ひとりずつ役が発表されて、背の高いまなちゃんは、おおかみ役をすることになりました。

いっぽう、からだのちいさなかいくんは、強くてかっこいいおおかみ役がやりたくてたまりません。
「えー! ぼくがおおかみやりたい!」

ところが、何回練習しても、まなちゃんはだまったまま。かいくんがやきもきしているうちに、とうとう本番の前の日がやってきます。とびきりすてきな衣装を着て、みんなうきうき舞台にあがりますが……「あれ、まなちゃんがいない!」

正反対なふたりの、まっすぐな思いがぶつかって……。子どもたちの「ちがい」が「おなじ」にかわる瞬間を色彩ゆたかに描く、おゆうぎ会の絵本です。

ベストレビュー

いろんな子どもがいる

この作品ではたくさんの個性を持つ子どもたちが描かれています。
主人公のまなちゃんは大人しくて、自分の考えをはっきり口に出すことが苦手だけど、かわいくないものは嫌い。
小柄で可愛い容姿のかいくんは、かっこいいオオカミ役がやりたい。
元気なけいたくんとひよりちゃんは、オオカミ役が楽しくてしょうがない。
ほかのクラスメイトの子どもたちも服の色で、かなり個性分けされてるのかなと思いました。
まなちゃんだけが常に青い服なんですよね。
最後のかいくんとまなちゃんのやり取りのシーン、好きです。
まなちゃんがいなくなってクラスのみんなが一生懸命探しているところも可愛いなぁとおもいました。
お遊戯会などやる頃に、この本のまなちゃんと同じくらいの年頃の子どもたちに読んであげたいです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

種村 有希子さんのその他の作品

ようかい村のようかいばあちゃん / ようかいじいちゃんあらわる / カラフルなひとりごと / すみれちゃんとようかいばあちゃん / ふぶきのみちは ふしぎのみち / うれしいぼんおどり


絵本ナビホーム > > まなちゃんはおおかみ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

まなちゃんはおおかみ

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.29

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット