なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
大きな絵本 にんじんと ごぼうと だいこん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大きな絵本 にんじんと ごぼうと だいこん

  • 絵本
作: (日本民話)
絵: 和歌山 静子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥9,500 +税

「大きな絵本 にんじんと ごぼうと だいこん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年03月
ISBN: 9784790251606

2歳児から

出版社からの紹介

にんじんとごぼうとだいこんが、お風呂に入っているうちに…野菜たちの色の由来話が、大迫力の大きな絵本になりました。大きく育って土から出た野菜たちは、お風呂を沸かして入ることにします。このシーンは、昔ながらのお風呂を沸かす様子が描かれています。一番大きいだいこんが、力持ちのようで薪を集めてきたり、細いごぼうはふうふう言って火を焚いたり。野菜たちの役割分担にも納得です。親しみやすい日本民話の大型絵本です。

ベストレビュー

大きくて大迫力の野菜たち

シンプルな絵柄なので、小さい本のときから
読み聞かせに使っていましたが、
やっぱり大勢だと大きいほうが見栄えがしますね。
和歌山さんのぐりっとした太い線の絵は
大きくても眼に優しいというか、
とてもやわらかくて、安心感がありました。
内容もシンプルでわかりやすくて
小さい子供たちとの一体感が生まれる絵本です。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


(日本民話)さんのその他の作品

はなさかじいさん / そらまめと わらと すみ / へっこきよめさ / おむすびころりん / にんじんとごぼうとだいこん / いぬとねこのおんがえし

和歌山 静子さんのその他の作品

ねこがかいたえほん / 紙芝居 ころん こっつんこ / The Bean Counting Song まめの かぞえうた / 紙芝居 おっきなおにぎり ちっさなおにぎり / 紙芝居 ばけくらべ / め・め・め



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

大きな絵本 にんじんと ごぼうと だいこん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット