ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ロングセラー
おばけとホットケーキ

おばけとホットケーキ(くもん出版)

おばけといっしょにホットケーキを作ろうよ! 手と声を使ってお話を楽しむ絵本

  • かわいい
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ゆりの木荘の子どもたち

ゆりの木荘の子どもたち

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: 佐竹 美保
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年04月15日
ISBN: 9784065187494

小学全般
130ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

不思議な魔法がかけられている、という言い伝えのある古くて立派な洋館「ゆりの木荘」。建てられたのは100年以上も前なので、どんな魔法がかけられたのか覚えている人は1人もいません。そのうち「ゆりの木荘」は老人ホームに生まれ変わり、サクラさん、モリノさんをはじめとした6人のお年寄りが住むようになりました。

春風が吹くある日、サクラさんとモリノさんが裏庭でおしゃべりしていると、どこからか手まり歌が聞こえてきました。

「ヒイラギ ひとは フジのは ふたは
みつばに よつば 五日のカズラ・・・」

どこかで聞いたことのある歌だとサクラさんが続きを歌うと、大きな風が巻き起こり、87歳のサクラさんとモリノさんは10歳ほどの女の子に!? ゆりの木荘の中では、89歳のスギタさんも女の子に、またいつも車イスに乗っているヤマフジさんも3歳か4歳ぐらいの女の子に、そして大さん省さんと呼ばれているおじいさん2人も、男の子に変わっていました。そして日めくりカレンダーが示していた日付は、昭和16年の8月3日。なんと77年も前にタイムスリップしてしまったのです。6人の子どもたち(正確に言えば子どもに戻ってしまったお年寄りたち)は、この不思議な現象について調査をはじめます。そうしているうちに、サクラさんが記憶の糸をたぐるように、少しずつ何かを思い出して‥‥‥。

お年寄りが突然子どもに戻ってしまう驚き、タイムスリップの不思議、謎が少しずつ解明されていくドキドキ感が合わさって、なんだかちょっと怖いような雰囲気にも包まれながらお話はテンポよく進んでいきます。タイムスリップをした年が、戦争が始まった昭和16年ということも、物語の中の大事な要素になっています。

謎を解くためのヒントは、玄関にある大きくて古い振り子時計、日めくりカレンダー、手まり歌、かくれんぼ、名前‥‥‥。
さて、77年の時を超えて明かされる、ゆりの木荘の秘密そして大切な約束とは? 後半には、さらにあっと驚くびっくりもありますよ。

お話を描いたのは、児童文学作家の富安陽子さん。以前、絵本ナビのインタビューで、「創作の原点は、子どもたちが今いる日常の世界から歩いていける、物語の世界を書きたい。わたしが好きだった不可思議な世界を書きたい、という思いです」ということを話して下さいました。今回の物語も、まさしく日常の世界から歩いていける物語。もしかしたら身近なところにもこんな不思議が起こるかもしれないと思わせてくれる楽しさに満ちています。佐竹美保さんによる挿絵も魅力たっぷりで、どこか懐かしい夏の風景や、不思議な洋館の様子には、まるで自分もそこにいるような錯覚を覚えるほど。ページを開けばぐいぐいと物語の世界に引き込まれていきます。

2021年の課題図書、中学年の部にも選ばれている本書。物語の中にたくさんの要素が含まれているので、どこに注目するか迷ってしまうかもしれません。けれども、きっとさまざまな感想文が子どもたちの中から生まれてくることでしょう。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ゆりの木荘は、100年以上も前に立てられた立派な洋館。いまは有料老人ホームになり、サクラさんやモリノさんたち、6人の老人が住んでいます。春風が吹くある日、サクラさんはだれかが歌う手まり歌──時々聞こえる歌──を耳にします。モリノさんにいわれるまま、サクラさんがその歌を口ずさんでみると、ふたりは突然、子どもになってしまいました。そう、87歳のおばあさんではなく、10歳ばかりの女の子に……。
それは、77年前の約束のために、「あの子」がサクラさんたちを呼び寄せたからでした……。

ベストレビュー

ほんわかと温かいノスタルジー

導入部を読んで、「どんな魔法が飛び出すのかしら?」と思っていたら、思ってもいない方向に話が展開してびっくりです。
でも子供達(本当はおばあちゃん達)が、何故そうなったのかを真剣に考えたり、思い出を話したりしている様子が郷愁を誘う・・・というか、ほんのり懐かしい気持ちにもなりました。

子供らしい思い出の中に戦争が影を落としているところには、多くを語らずとも、おばあちゃん達の子供時代の大変さを感じさせ、そんな中を生き抜いてきた強さも垣間見えます。

時を超えたファンタジーはノスタルジックさ満載で、でも柔らかい空気に包まれ、ほんわかとした温かい気持ちになりました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

富安 陽子さんのその他の作品

オニのサラリーマン じごく・ごくらく運動会 / オバケに時間をぬすまれる!? / ふしぎな月 / 妖怪一家九十九さん(10) 妖怪一家の時間旅行 /  ホオズキくんのオバケ事件簿(3) 4年1組のオバケ探偵団 / 妖怪一家九十九さん(9) 妖怪一家 九十九さん 妖怪たちと秘密基地

佐竹 美保さんのその他の作品

お天気屋と封印屋 十年屋と魔法街の住人たち3 / アリスとふたりのおかしな冒険 / きつねの橋 巻の二 うたう鬼 / きけんなゲーム / 静山社ペガサス文庫 マクベス / 静山社ペガサス文庫 夏の夜の夢


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ゆりの木荘の子どもたち

「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

ゆりの木荘の子どもたち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット