なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
りすとかえるとかぜのうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りすとかえるとかぜのうた

  • 絵本
作: うえだまこと
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年05月19日
ISBN: 9784776409618

3〜5歳
218mm×260mm 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

舞台は雨上がりの森の中。風たちはきげんよく歌い、木々がゆれ、川は穏やかに流れています。向こうの方にぽつんと見えるのは、小さな船を漕いでいる「りす」。手に入れたばかりの船です。

りすはかえるに会いにいくところ。なぜなら、二人はいつも旅に行く話をしているのですが、まだ一度も森を出たことがないのです。この船があれば、いろんなことができる。そんな想像をしながら浮島に着くと…「ぽちゃん」。かえるは入れ違いでどこかに行ってしまったのでした。さびしくなったりすは船の上で眠ってしまい……。

透き通るような淡い色で描かれた、波紋や光の広がる川面に、見失ってしまいそうなほど、小さくささやかに存在しているりすとかえる。広くて知らない世界に憧れている二人だけれど、彼らの一日は今日も何気なく過ぎていき。耳を澄ませば聞こえてくるのは風たちに吹かれて小さく波打つ水の音。

「たん たぷん
 たぷん たぷん たぽん」

ああ、なんて愛しい時間なのでしょう。なんて可愛らしい二人なのでしょう。こんな消えてしまいそうな世界を、作者の植田真さんは丁寧に美しく描き出します。そして、その背景には力強く見守ってくれている大きな自然の存在がしっかりと感じられるのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

まだ一度も旅に出たことがないけれど、いつも旅の話をしていたりすとかえる。ある日、りすは、手に入れたばかりの舟にのって、かえるに会いにいきました。ところが、かえるはりすに気がつかず、どこかへいってしまいました。さびしくて、舟の上でねむってしまったりす。そこへやってきた風たちの歌に、りすはつつみこまれ、そして…。

ベストレビュー

心の癒しに

なんということはないのです

自然で、風の赴くままに・・・
なんでしょうね

ぎゃはは と笑うことも
怒ったりすることもありません

ただ、ちょっとだけ、りすを心配して
最後は、ほっとする
そんな作品です

絵と色がいいんですよ
自然なお洒落といいますか
さらっとしてて
とても、素敵です

心がささくれ立っていたり
ちょっと、この御時世
余裕がなくなっていたり
不安があったり

そんなときだからこそ
でしょうか
この作品で
ほっこり してみてはいかがでしょう

優しい気持ちが戻ってきますよ
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > りすとかえるとかぜのうた

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

りすとかえるとかぜのうた

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット