新刊
いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット(童心社)

日本一の絵本『いないいないばあ』からかわいい指人形付のギフトセットが登場!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
あなたがだいすき

あなたがだいすき(ポプラ社)

大切な人を想う気持ちが、あたたかいイラストと優しい文章で伝わる絵本。愛すること、愛されることの素晴らしさを感じます。

  • ためしよみ
INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー

INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー

  • 絵本
作: 香川 照之 ロマン・トマ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年04月25日
ISBN: 9784065192634

28ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ホタルを見たことはありますか?
都市部はもちろんのこと、自然の多く残る水辺の環境でさえ、今ではその数を減らしているホタル。
これは、そんなホタルを主人公にした、ちいさな国の物語。
国の名前は、インセクトランド――

昆虫たちの国、インセクトランドに暮らすホタルのアダムは、とってもはずかしがり屋です。
それなのに、ドキドキするとおなかが光ってしまって、みんなの注目の的。

「なんで光るの? あー、いやになっちゃうなぁ」

自分自身にいやけがさして、しょんぼり落ち込むアダム。
そんなとき、みんなで星空をながめるという星空パーティーに招待されます。
もしかしたら、また光ってしまうかも……
ドキドキしながらも、パーティーへ参加することにしたアダムですが――

NHK Eテレの人気番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」に登場する「カマキリ先生」として話題沸騰中の香川照之さんが、昆虫の魅力を楽しく子どもたちに伝える絵本シリーズを刊行しました。

本作の主人公であるホタルは、環境変動によって、世界中でその数を減らしているといいます。
「この絵本が、生き物たちとの共存について、親子で語り合うきっかけになると嬉しいです」
とは、あとがきに記された香川照之さんの言葉です。
互いの違いや仲間のコンプレックスを、インセクトランドのみんながどうあつかうのか?
その物語の結末から、あたらしい視点で自然を見つめなおすきっかけを与えてくれる、そんな一冊です。

また、巻末には本巻の主人公であるヒメボタルをはじめ、インセクトランドに住むキャラクターのモデルになっている、ヘラクレスオオカブトやハナカマキリといった昆虫についての豆知識も掲載されているのが、昆虫好きにはウレシイところ!

インセクトランドの物語はまだはじまったばかり!
今作にも登場している、インセクトランドの仲間たちの活躍を描いた続編も刊行予定です。

いろいろな特徴をもった、いろいろな昆虫が共存する国。
人の世界とどこか似ている、足下のちいさな世界に、目を向けてみてください。


(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

子どもたちに昆虫の世界の多様性、自然界の豊かな姿を伝えたいと企画されたのが、この「INSECT LAND」シリーズです。シリーズの一作目は、ヒメボタルの男の子のアダムくん。はずかしがりやで、できたら目立ちたくないけれど、びっくりしたり、ドキドキしたりすると、どうしてもおなかが光ってしまいます。そんなアダムくんが、ほしぞらパーティーで体験することとは?
昆虫たちの心あたたまるエピソードには、子どもたちの生きる力を育むヒントが隠されています。

文部科学省から「こどもの教育応援大使」を委嘱されている香川さんと、アニメーションアートディレクターとして注目を集める、フランス人アーティストのロマン・トマさんとの初めての昆虫絵本シリーズが始まります!

☆☆☆キャラクターになった昆虫たちの紹介コラムや、暗いところで光る蓄光印刷ページ(2ページ)も入るなど、お楽しみがいっぱいです。



ベストレビュー

昆虫大好きでなくても楽しめる絵本

香川照之さんの昆虫愛溢れる絵本です。この絵本を通して昆虫の生態から学ぶことがたくさんあります。主人公のホタルのアダムは、夏の夜におなかの先を暗闇で光らせる昆虫です。恥ずかしがりやなのに、どうしてもみんなよりも目立ってしまう。アダムはそれを嫌だと思っていたけれど、夏の夜、彼のおかげでとても素敵な夜となるのです。ちょっぴり恋心もあったり・・。ほのぼのしたストーリーです。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


香川 照之さんのその他の作品

INSECT LAND(インセクトランド)カマキリのシャルロットとすずらんでんわ / INSECT LAND(インセクトランド)カブトムシのガブリエル、もりのヒーロー

ロマン・トマさんのその他の作品

親子デザイン工房


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー

石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット