ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブックの試し読みができます!
作: デビッド・マッキー  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
おうちでじっくり探し絵!
りおらんらんさん 40代・ママ

楽しいですね
娘が小さいときに何度も読んだぞうのエル…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
蝶の唆え 現代のファーブルが語る自伝エッセイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

蝶の唆え 現代のファーブルが語る自伝エッセイ

著: 奥本 大三郎
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年04月17日
ISBN: 9784093887519

240ページ

出版社からの紹介

大人のための児童文学

終戦直後の大阪郊外。製粉工場を買い取り事業を始める父、そこで雇われたインテリの経理、シベリア帰りで共産思想の叔父さん、子連れで食べ物を乞う深夜の訪問者、進駐軍の横流し物資を持ってくる伊達者などなど、敗戦直後の個性的な大人に囲まれ、少年はトンボや鯉をつかまえ、全身で自然を満喫して育ちます。
しかし好事魔多し、当時は死病とされる結核菌に襲われます。ストレプトマイシンが効を奏し、一命はとりとめたものの、学校は長期休暇、毎日寝て過ごさなくてはなりません。
病床の楽しみはラジオや新聞の絵物語。とくに山川惣治や樺島勝一の絵に魅了されます。そんなある日、従兄弟のお兄さんが持って来たのが昆虫標本でした。少年は「木組みがほぞ穴にはまる」ような快い衝撃を受けます。病床であるが故につのる昆虫採集への憧れ。戦前の図鑑を見ながら、遠く台湾への想いを深くする日々。
ひと昔前の日本人と社会風俗、そして少年の心象風景とあいまって、のちに虫好きフランス文学者の少年期が鮮やかに描かれます。ギンヤンマ、絵物語、カウボーイ、進駐軍、ラジオ……、懐かしいものがいっぱい詰まった「大人のための児童文学」です。


【編集担当からのおすすめ情報】
ファーブル昆虫記の完訳やエッセイ、、最近ではNHKラジオ深夜便「虫めづるムッシュー」として軽妙な語りを聞かせてくれる奥本大三郎さん。彼の、はじめてまとまった少年記です。
当時を知る人はもちろん、知らない世代の読者にもなぜか「懐かしい!」と思わせる話がいっぱいです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


奥本 大三郎さんのその他の作品

ファーブル先生の昆虫教室(4) めぐる命と虫の役割 / 虫の文学誌 / ファーブル先生の昆虫教室(3) 小さいからこそ生きのこる / ファーブル先生の昆虫教室(2) 昆虫研究の楽しさ / さがそう! マイゴノビートル / ファーブル先生の昆虫教室(1) 本能のかしこさとおろかさ


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 蝶の唆え 現代のファーブルが語る自伝エッセイ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット