宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
だっこして
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だっこして

  • 絵本
作: エクトル・シエラ
絵: 村上 康成
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「だっこして」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784333022793

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「だっこして、だっこして!」。ちっちゃいタコは、いつも言います。足が8本のおかあタコは、いつでもだっこできて便利です。「でも、足が8本なかったら?」。ちっちゃいタコは考えました。愛がいっぱいつまった絵本。

ベストレビュー

たこの親子の楽しい物語!

私も好きな村上康成さんの絵本作品なので図書館で借りてきました。

内容は、小さい子供のたこがお母さんたこにだっこしてというシンプルな物語です。

ちなみに、何故、お母さんたこが小さい子供のたこに抱っこできるのは、足が8本あるからであります。

朝食のときでも、お母さんたこがお化粧しているときでも、お母さんたこ洗濯しているときでもどんなときでも抱っこが出来るのです。それは、前途の通り、8本あるからです。

そんな、抱っこをして欲しいという気持ちの子供と色々な事をしているお母さんの二人の物語です。

皆さんも、親が子供を抱っこすると子供がうれしくなりますよね。そこで、抱っこして欲しいと思っている子供に読んであげるといいと思います。

また、この絵本は、親子の愛が伝わってくる絵本作品でもあります。また、親子との会話もこの絵本では表れていると思います。なので、子供と一緒に読むと楽しいと思います。

家族を大切にしている人にもお勧めする絵本作品です。

是非、読んでみて下さい。
(ぷるたんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本

エクトル・シエラさんのその他の作品

じゅっぴきでござる / シーソーあそび / なけない ちっちゃい かえる / あの日のことをかきました ニューヨークと

村上 康成さんのその他の作品

アイアイ / ぞうさんうんちしょうてんがい / 999ひきのきょうだいのほしをさがしに / おいも! / 村上康成のイラストエッセイ 水ぎわの珍プレー / はるの ごほうび



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

だっこして

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.74

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット