新刊
おともだちに なってくれる?

おともだちに なってくれる?(評論社)

ミリオンセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』のかわいい続編♪

  • かわいい
  • ギフト
つかまえた

つかまえた

  • 絵本
作: 田島 征三
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年07月09日
ISBN: 9784032220209

3〜5歳
290mm×240mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

夏のある日、ぼくが川の浅瀬に見つけたのは大きな魚。のんびりと、よどみの中でじっとしている。そっと近づいてつかまえようとして、足がすべった!

水の中でもがきながら、のばした指に魚がふれる。
「にがすもんか にがすもんか」
必死になってにぎると、それは手の中でぐりぐりあばれ……。

忘れられない少年の頃の原体験をテーマに、絵本作家田島征三さんが何年もかけて新たに取り組まれたというこの絵本。まずひきこまれるのは冒頭からの臨場感。狙った魚を手にした瞬間、そこで感じるのは確かな命。ぬるぬるして、体温があり、必死で逃げようとあばれている。

そして、話はここで終わらない。とった魚を横にして、ぼくは夢を見るのだ。彼をだいて、だかれて。いつしかぼくにとって魚は同士になっているのだろうか。目が覚め、ぐったりしていた彼に驚き、慌てて水の中へ連れていく。

「しんじゃだめだ! しんじゃだめだ!」

絵本の中を力強く走り回る少年の一挙手一投足、逃げる魚と飛沫をあげる川の水、そしていつでもそこにある草むらと遠くに見える木々。80歳を過ぎた今もなお精力的に描き続けるその筆の線は全てが力強く生きていて、生命がほとばしり、子ども達の心に直接訴えかけてくるのです。

読んだ後、もし心がうずうずしてきたら。なんだか身体が落ち着かなくなってきたら。それはもう大正解、とにかく走り出してみるのをおススメします。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

つかまえた

つかまえた

出版社からの紹介

『ちからたろう』『しばてん』『ふきまんぶく』『とべバッタ』など、大胆な筆づかいで、ほとばしる生命の躍動を描いてきた絵本作家・田島征三が、忘れられない少年の日の原体験をテーマに取り組んだ入魂の一冊。
夏のある日、川の浅瀬に大きな魚がいるのをみつけたぼくは、そっと近づこうとしたが、足をすべらせて川に落ちてしまう。水の中で懸命にのばした指が魚にふれると、ぼくは無我夢中でそれをつかまえた──。

ベストレビュー

暑い夏に!!

暑い 暑い秋に読ませていただきました

相変わらず、力強く
勢いのある画風

素手で魚を「捕まえる」
その躍動感が
絵から飛び出してきそうです

実際に、こういう体験をしている子どもには
共感が
したことない子、大人も
憧れですね

暑い 暑い夏に読んで
みんなで楽しみたい作品です
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田島 征三さんのその他の作品

うりの つる くるくる / かぜがふくふく / ヒミツのかいだん / ちきゅうがわれた!  / わたしの森に / ぼく、おたまじゃくし?


絵本ナビホーム > > つかまえた

『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

つかまえた

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット