季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

今日は何の日? 366

今日は何の日? 366

  • 児童書
編: PHP研究所
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,750

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年03月20日
ISBN: 9784569787541

小学校低学年から
B5判変型上製/416ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「その日」がどのような日なのか、「歴史」「行事」「記念日」「はじめて」「人物」5つの分類で、ページの日付に応じた出来事の背景や歴史を紹介。

 本書では、身近な年中行事から記念日の意外な事実まで、一日一話形式で366話とりあげています。写真やイラストも豊富なので、お話のイメージがふくらみます。子どもから大人まで楽しめ、社会的知識も身に付く1冊です。齋藤孝先生(明治大学教授)推薦!

 【本書のポイント】(1)お子さまの知的好奇心や想像力を育てるお話が満載です (2)1日1話、1ページで3分程度で読めます (3)「おはなしクイズ」が、お子さまの聞く力を高めるとともに、お子さまの理解度の確認に役立ちます (4)「この日はほかにも」を通して、親子の会話が弾みます (5)子どもから大人まで、話材としても使えます (6)ジャンル別・人名・用語さくいんも充実! 調べ学習にもピッタリです (7)すべての漢字にフリガナをふっています。

ベストレビュー

いつでも読めるようにしたい

大きなサイズのずっしりとした本。
図書館で借りてきました。
子供たちが予想以上に食いついて、楽しんでいます。
今日は何の日?
私の誕生日は?
パパの誕生日は?
その日にあった出来事や、記念日がわかるだけでなく、その内容について、1日1話語られるのです。
大人が読んでも楽しめました。
これは、手元にあって、いつでも読めるようにしたいです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子13歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


PHP研究所さんのその他の作品

青鬼 遊べる!公式ファンブック / ラストで君は「まさか!」と言う 12歳の物語 / ラストで君は「まさか!」と言う 放課後ミステリー / ラストで君は「まさか!」と言う 秋の物語 / ラストで君は「まさか!」と言う 見えない秘密 / ラストで君は「まさか!」と言う 夏の物語


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 百科事典 > 今日は何の日? 366

「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

今日は何の日? 366

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット