なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
7年目のランドセル ランドセルは海を越えて、アフガニスタンで始まる新学期
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

7年目のランドセル ランドセルは海を越えて、アフガニスタンで始まる新学期

  • 絵本
作・写真: 内堀 タケシ
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2020年06月10日
ISBN: 9784337099050

小学中学年
35ページ

出版社からの紹介

日本国内での6年間の役目を終えたランドセルは海を越えて、政情不安定なアフガニスタンの子どもたちへ。写真家・内堀タケシが、「ランドセルは海を越えて」の活動を通して、アフガニスタン国内の状況や子どもたちの生き生きとした表情を伝える写真絵本。

ベストレビュー

心に突き刺さります。

1979年から続く戦争、生まれてから当たり前のように兵器が近くにある。
40年続く戦争、写真を見る限り何も無いこの場所で戦争を続ける意味ってなんなんだろうと考えてしまいます。
そんな世界で暮らす少年少女がいることを知っていても、写真で映し出されるその印象は強烈です。
アフガニスタンの女の子が日本のランドセルを背負う姿は心にしみ込みます。
読み終えると最初に思った以上に印象に残る本になります。
(えがだいさん 40代・パパ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内堀 タケシさんのその他の作品

ランドセルは海を越えて / アフガニスタン勇気と笑顔


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 7年目のランドセル ランドセルは海を越えて、アフガニスタンで始まる新学期

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

7年目のランドセル ランドセルは海を越えて、アフガニスタンで始まる新学期

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット