話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
山のちょうじょうの木のてっぺん

山のちょうじょうの木のてっぺん

  • 児童書
作: 最上一平
絵: 有田 奈央
出版社: 新日本出版社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年09月20日
ISBN: 9784406063746

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

にしやんのところの犬・ごんすけが死にそうです。にしやんは元気がありません。ごんすけは、人のねんれいにするともう百さいぐらいのおじいさん犬です。ごんすけがいなくなるなんて。死ぬのはこわいけれど、どうやって死ぬのか、みてみたい気もしていました――いがらしくんは、にしやんのいえにいくことにします――。

ベストレビュー

子供達の心を感じ取る

読書感想文の課題図書に選ばれた作品です。

低学年向けとあるせいか、一つの文章は簡潔になっており、読みやすいです。
心の動きを表現するような部分は多くなく、一見するといがらしくんとにしやんの行動が淡々と綴られているようにも思えます。
しかしながら二人の行動から、それぞれの心がにじみ出ているように感じられます。

その象徴となるのが、いがらしくんの「ごんすけは いつしぬの?」という言葉。
死んで欲しいと思っている訳ではなく、にしやんがごんすけを大事に思っているというのを知っている上で、それでも自身の興味が抑えられない。
二人の、ごんすけへの思いの違いが表れています。

だからといって、二人の心が離れている訳ではなく、にしやんとごんすけの関係を自分なりに解釈したいがらしくんは、にしやんに寄り添っている。

まだ幼い二人だから、自分の気持ちの表現が、行動に強く表れてくる。
そんな風にも感じられるお話でした。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


最上一平さんのその他の作品

おおゆき / ひきがえるに げんまん / からかさにざえもん

有田 奈央さんのその他の作品

じごくバス / 帰り道 / パンでんしゃ / すき / おいで / あしたから1ねんせい


絵本ナビホーム > > 山のちょうじょうの木のてっぺん

【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

山のちょうじょうの木のてっぺん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット