新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
飛ぶための百歩

飛ぶための百歩

  • 児童書
作: ジュゼッペ・フェスタ
訳: 杉本あり
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年08月31日
ISBN: 9784265860296

小学校高学年
160ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

アルプスの山を歩く、少年と女性。
ふたりは、同じスカーフの両端をつかんで、山道を進みます。
少年の名はルーチョ、14歳の男の子です。
好きなものは、音楽と読書、そして山々の大自然。
嫌いなものは、目が見えない自分のために差し出される、他人の手――

「ぼくは目が見えない。でも、もう子どもじゃないんだ」

ルーチョとその叔母のベアが登るのは、アルプス山脈の一部、ドロミテ渓谷。
美しい森が広がり、そこにはたくさんの動物たちが息づいています。

彼らは、山小屋で出会った少女キアーラ、山岳ガイドのティツィアーノと共に、タカの夫婦がつくった断崖の巣を観察しにいくことに!なんとそこには、じきに巣立ちをむかえるヒナが住んでいるといいます。

心浮き立つルーチョとは対照的に、キアーラとティツィアーノは、盲目の少年と山をゆくことにとまどいを覚えていました。彼らの気持ちを敏感に感じとり、助けが必要ないことを証明しようと、意固地になるルーチョ。
同じころ、ルーチョたちと同じヒナを目指して深い森の中をすすむ、悪意に満ちた密猟者の影もありました――

第66回青少年読書感想文全国コンクール、小学校高学年の部課題図書。
他人の助けをはねのけ、なんでも自分でこなそうとする、努力家で誇り高い盲目の少年ルーチョ。そんな彼が、大自然の中で経験する出会いと成長を描いた感動作です。

目の見えないルーチョの、特別な『眼』を通じて描かれる、アルプスの風景の美しいこと! ルーチョは風の香りで谷間の空間を感じ、空を舞う水に触れて滝を感じ、木々の反響を聴いて森を感じることができます。

「ルーチョは唇をわずかに開いて、空気を吸った。口から山の雄大さも吸いこんだ気がした。舌の上に大地と空の味が広がった。ルーチョは、それをむさぼるように味わった」

全身で自然を味わい、山歩きを心から楽しむルーチョ。
彼が歩を進めて新しい風景があらわれるたび、そのみずみずしい描写に、ルーチョと一緒にワクワクしてしまいます。

また、「目が見えない」というルーチョの個性は、登場人物たちの重要な葛藤としても描かれています。
何を言ったら失礼になるだろう?
どこまでのことができて、どんなことに助けがいるだろう?
ルーチョの助けにならなくては、という気持ちのせいで、逆に萎縮してしまうキアーラやティチアーノ。ルーチョと初めて出会ったときの、キアーラやティチアーノが抱いた気まずさには、ドキリとさせられるはず。そして、そんな気づかいのために、お荷物にされているような気分になるルーチョ。

本作には、備えている能力の大きく違うもの同士が、お互いを本当に理解しあうことの難しさについて、改めて考えさせられるシーンがたくさんあります。そんな中、かたくなに他人の助けを拒みつづけるルーチョを見て、彼を心配する叔母のベアは考えます。
自分にどこまでのことができるかを把握し、必要なときには素直に人の手を借りることができる。それこそが本当の自立だと。

こうした本作のメッセージは、目の見える見えないに関わらず、人が生きていくうえでの普遍的なテーマにちがいありません。

いろいろな個性が、それぞれに生き生きと過ごすことのできる社会を理想とする現代。
この物語は、そうした新しい社会を生きるための、より強いメッセージとなって読者の心に刻まれることでしょう。
そして、物語の最後に登場する、ルーチョの新たな友人とは?
ルーチョの心の成長を証明するその意外な正体を、ぜひ本を読んで確認してください。


(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

中学を卒業したばかりのルーチョは、5歳の時に失明した。だが世界は消えていなかった。
周りの目が気になり素直になれない中、無口な少女キアーラと出会い、大切な何かに気付いていく…。
大人への一歩を踏み出す少年少女の成長物語。

10代から大人まで読んでもらいたいイタリアの児童文学作品。

ベストレビュー

リアルとファンタジー

かかわっているボランティアの関係で
中途失明者の知り合いが少なからずいますが
この物語の目の見えない主人公ルーチョの描写がとてもリアルです。

ルーチョの、
自分でできることは自分でしたい(また、できる!!)と思う気持ちが、
好奇心補旺盛にするし、積極的にもなれる原動力で、大事なことで
これはどんな人にも通ずるところだと思います。
ただ、ハンディのために卑屈になる一面もあり
必要以上に自分でやろうとしてみたりっていうのは
まだまだ子供。
そこを上手く頼れるようになったら
もっと楽になれるし、心の窓も開いていくのだと感じます。

ルーチョの登山と、鷲のひなの密漁という
2つのお話が、いい感じで絡み合ってお話は展開します。
ラストの飛ぶ描写は、解き放たれたという表現としては
あまりにも壮大です。

人名がなじみにくい響きのものが多く
読み始めてすぐは「だれだっけ?」となりがちでした(
^-^;
(やこちんさん 50代・ママ 女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


杉本ありさんのその他の作品

ローラとわたし / 赤ちゃんは魔女


絵本ナビホーム > > 飛ぶための百歩

今月の新刊&オススメ絵本情報

飛ぶための百歩

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット