話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
セイギのミカタ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

セイギのミカタ

  • 児童書
著: 佐藤 まどか
絵: イシヤマ アズサ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年06月05日
ISBN: 9784577048948

小学中学年
220mm×160mm 144ページ

出版社からの紹介

小4の木下守は、はずかしいと顔が真っ赤になる赤面症であることが悩み。クラスの人気者の大我にからかわれると、いつも正義感の強い周一が止めに現れて、余計に注目をあびてしまい……。
周りに流されず、自分で考えて行動することで、世界は変わっていくーー
そっと背中を押してもらえる物語です。

佐藤まどか氏、第60回日本児童文学者協会賞受賞後の第1作!

ベストレビュー

佐藤まどかさん ありがとう

読んでいる間中、私は小4の木下だった。感情移入とも一体感とも違うが、私は木下として、周一・ひとみ・大我とどう向き合うのか、それより先に自分の気持ちにどう向き合うのかを考えていた。

大人になってから児童書を読む時、親の立場であったり、周辺の登場人物の立場で読んだりと、主人公として物語の世界の中に存在することができない時がある。

でも、今回は違った。私は間違いなくこの物語の空間にいて木下だった。

読み終わった後も、ドキドキが止まらなかった。うまく言語化できる自信はないが、この本はぜひ紹介したいと思った。

タイトルが、『セイギのミカタ』だからといって、小さな勇気を出してみようなどという感想で大人らしくもっとらしくしめくくりたくない。

まずは、子どもが目につくところにそっと置きたいと思う。佐藤まどかさん ありがとう。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 まどかさんのその他の作品

世界とキレル / アドリブ / 森のあかちゃん / どうぶつのかぞく チーター ちいさなハンター / つくられた心 / ミジンコでございます。

イシヤマ アズサさんのその他の作品

俳句ステップ! / ゆきうさぎのお品書き あらたな季節の店開き / ゆきうさぎのお品書き 風花舞う日にみぞれ鍋 / ぼくらの一歩30人31脚 / 大坂オナラ草紙 / くいしんぼうの こぶたの グーグー



似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

セイギのミカタ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット