新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦 貧乏人は教育で抜け出せるのか?

ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦 貧乏人は教育で抜け出せるのか?

著・訳: ポール・タフ
出版社: みすず書房

税込価格: ¥4,950

「ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦 貧乏人は教育で抜け出せるのか?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年05月20日
ISBN: 9784622088981

344ページ

出版社からの紹介

「われわれが想像する社会政策をはるかに超えた、魅力的かつ感動的なストーリーだ」(『GQ』誌)

「なぜすべての子供に成功するための道具を与えられないのか? なぜ現実生活における「競技場」を平らにならすことができないのか?」「ほんとうに重要なのは個々のプログラムの成果ではなく、子供たちの生活を根本から変えられるかどうかなのだ…地域の子供を一人として取りこぼすことのないような、密に編まれたセーフティネットを用意する――それが〔創設者〕カナダの目標だった。シンプルだが画期的なこのプログラムを、カナダは〈ハーレム・チルドレンズ・ゾーン〉と名づけた」
「貧しい子供のたどる軌道を変えること。それが本書の結論である。子供の人生のできるだけ早い段階で介入すること。思春期が終わるまで介入をつづけること。学校では余分の授業時間を与え、学校の外では余分のサポートを与えること。できるなら保護者を巻きこみ、保護者があてにならない場合には努めてその不在を埋めあわせること。子供の認知能力を伸ばすことに焦点を当てるが、社会スキル、感情面のスキルのような非認知能力も育むこと」(本文より)
ノーベル経済学賞受賞者ジェームズ・ヘックマンの教育理論を実践したかのようなNPOの実践を紹介する。

《ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの方法論》
●前例のない規模
●総合的なアプローチ
●成功へのパイプライン
●早期からの開始
●大学が答えだ
●データの重視
●コミュニティの再生
●性格を育む
●なんとしてもやり抜く

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 教育 > ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦 貧乏人は教育で抜け出せるのか?

「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット