まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ぼくといっしょに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくといっしょに

  • 絵本
作: シャルロット・デマトーン
訳: 野坂 悦子
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年06月25日
ISBN: 9784893096746

277mm×213mm 34ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「ぼくのうちが、どこかわかる?」

一体どこから呼びかけているのでしょう。広がっているのは、様々な形をした家や大きな庭、そして川や牧場まで見える魅力的な町。どうやら世界で一番大きな庭があると言うのだけれど……あ、いたいた! 赤い服をきた男の子、それがこの物語の主人公。これからお母さんに頼まれたおつかいに行くんですって。

「そんなのかんたんって、思うでしょ?」

でも、それはどうやらとっても遠くて危険な道。ドラゴンが住んでいたり、大男が眠っていたり、おそろしいくまが潜む洞窟や、おまけに人食いザメや海賊のいる海だって通らなくちゃいけない! 果たして彼は、無事に帰って友達と川で遊ぶことができるのでしょうか…。

オランダではロングセラー絵本として読み継がれているこの絵本。誰にでも経験のある日常の出来事の中で、だけど同時に果てしなく壮大な冒険の物語が始まるのです。とてもユニークなのは、読者の視点。主人公の「ぼく」がとてつもなく小さく描かれおり、子ども達は彼を探しながらも、今何が起きているか、どこに何がいるのか、「ぼく」に教えてあげなければいけません。つまり、自分からどんどんお話に参加していくことで、さらに絵本の世界が豊かになっていくのです。

大人が素朴で美しいオランダの村にうっとりしていると、子どもたちは知らないところで真剣な戦いの真っ最中。想像するだけで素敵な時間ですよね。でも眺めてばかりいないで、大人だって絵本の中に隠れている沢山の物語を探してくださいね!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ぼくといっしょに

ぼくといっしょに

出版社からの紹介

ぼくの家のまわりは、冒険でいっぱい!かあさんに、りんごを買いにいくおつかいをたのまれた、ぼく。そんなおつかい、かんたんだって思うでしょ?でも、うちからやおやさんまでは、とっても遠くてきけんがいっぱい。ドラゴンが住んでいるという森や、ぐうぐうといびきをかく巨人、おそろしいくまが住むどうくつ、海にはひとくいザメやかいぞくまでいるんだから!さあ、ぼくといっしょにおつかいの冒険へでかけよう!ぶじにうちへ帰れたら、かわでいっしょにおよごうね。子どもが世界でいちばん幸せな国、オランダからやってきた、ちいさな男の子のおおきな想像力の絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シャルロット・デマトーンさんのその他の作品

きいろいふうせん 地球一周 / グリム童話全集

野坂 悦子さんのその他の作品

ねえさんの青いヒジャブ / おいで、アラスカ! / レナレナ / ばらいろのかさ / 映画ってどうやってつくるの? / ジバンシィとオードリー ―永遠の友だち―


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ぼくといっしょに

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

ぼくといっしょに

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット