となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ここは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ここは

  • 絵本
文: 最果 タヒ
絵: 及川 賢治
出版社: 河出書房新社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2020年06月26日
ISBN: 9784309290850

単行本 B5変形 ● 32ページ

みどころ

「ここは、おかあさんの ひざのうえです。」

今、ぼくがいるのは家の中。
そして、椅子にすわるおかあさんのひざの上。

ここは、まちのまんなかであり、公園の近くでもあり。
空の下でもあり、大地の上でもあり。
誰かにとっての「ここ」のはしっこでもあるけれど。

この広い宇宙の中、ぼくがいるのは「ここ」。
ここは、確かにぼくの「まんなか」なのです。

詩人・最果タヒさんが初めて手がけるこの絵本、読んでいるうちに呼び起こされるのは小さい頃の自分の記憶。それは確かな場所というよりも、自分の立っている絨毯の感触であったり、母親のワンピースの模様の一部であったり、窓から遠く見える遊ぶ子どもたちの走る姿であったりと断片的。だけど、そこがかけがえのない場所であったという感覚はしっかりと思い出すのです。

今、子どもたちがこの絵本を読めば、さらにその場所がこんなに楽しい世界に包まれているということを知るのです。絵を担当している及川賢治さんが枝葉を広げていくように丁寧に描くのは、「ここにいるぼく」を取り巻く近くて知らない景色や仕組み、あちらこちらで起こっている大きくて小さな出来事。その視点がどれだけ世界を広げ、心を穏やかにしてくれるでしょう。

子どもから大人まで、あらゆる人たちにとっての「大切な一冊」となることを予感させてくれる絵本。私も繰り返し読んでいこうと思います。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

「ここは、ぼくのまんなかです。」――最果タヒが及川賢治(100%ORANGE)と贈る、初の絵本が登場! いま、世界に届けたい、優しく力強いメッセージ。

ここは

ここは

ベストレビュー

満たされた日常

日常生活の光景のなかに色使いのハッキリした絵と短いフレーズで子供に分かりやすく表現されていて赤ちゃんから幼稚園児まで興味をひく作品だと思います。孫といっしょに何度も読みたい一冊です。どの子供にも母と子の落ち着いた幸せな時間がありますように。
(ノハラアヤメさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


最果 タヒさんのその他の作品

十代に共感する奴はみんな嘘つき

及川 賢治さんのその他の作品

まちがいまちに ようこそ / かがみとチコリ / そらのかんちゃん、ちていのコロちゃん / よ・だ・れ / 100%ORANGEのはじめてであう 赤ちゃん絵本BOX / いっこ さんこ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

ここは

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット