話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

せんそうがやってきた日

せんそうがやってきた日

  • 絵本
作: ニコラ・デイビス
絵: レベッカ・コッブ
訳: 長友 恵子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年07月06日
ISBN: 9784790254072

小学全般
240mm×285mm 30ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みどころ

窓辺に花が咲き、お父さんは弟に子守唄をうたい。お母さんは私の鼻にキスをして、学校まで送ってくれ。火山のことを勉強した後に、鳥の絵を描いた。そして、ランチタイムのすぐあとに……

せんそうがやってきた。

せんそうは校庭の向こうからやってきて、全てを吹き飛ばし、私の家があった場所を黒い穴にし、誰もかも連れていってしまった。

小さな女の子に襲いかかった恐ろしい出来事は、そこで終わってはくれません。せんそうは、どこまで逃げても追いかけてくるのです。遠く遠くまでやってきて、やっと見つけた家の門は閉じ、学校に入ろうとするとこう言われるのです。

「あなたの場所はありません」

2016年春、イギリスで、3000人の孤児の難民の受け入れが拒否され、同じ頃、座るイスがないという理由で難民の女の子が学校への入学を断られました。そのことを聞いて作者が書いた詩が、この絵本の元になっているのだそう。イスは、全てを失い行き場のなくなった子ども達との連携のシンボルとなったのです。

世界には2,250万人という数の難民がいます。そして、その人たちが誰一人として望んで難民になっているわけではないのです。どんな子どもたちにも未来を夢見る権利があります。安全な場所にいる私たちにできる支援はあるのでしょうか。

だけど、当たり前だと思っていた日常がある日突然壊される、この悲しみと恐ろしさは絵本を通して痛いほど伝わってきます。ひとりぼっちになってしまった女の子の絶望感に打ちのめされます。今自分が何を感じ、どんなことを考えたのか。絵本を読んだ後にその感情をしっかり受け止める。子どもたちには、そんな力がきっとあるのだと思います。

世界がどこへ向かっていくのか、しっかりと見極めていかなければならない今。大事なヒントとなる1冊なのかもしれません。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

戦争がやってきた日、窓辺には花が咲き、お父さんは弟に子もり歌をうたっていた。午前中の授業で、火山のことを勉強した。おたまじゃくしの歌をうたった。鳥の絵をかいた。そして、ランチタイムのすぐあとに戦争がやってきた。
日常に突如襲いかかり、すべてを破壊し、心の中にまで入り込んでどこまでもつきまとう戦争。その戦争を振り払ってくれたのは、子どもたちの優しさに根ざした行動でした。
2016年春、イギリスで、3000人の孤児の難民の受け入れが拒否され、同じ頃、座るイスがないという理由で難民の女の子が学校への入学を断られました。そのことを聞いて作者が書いた詩が、この絵本の元になっています。この詩がウェブに掲載されると、#3000chairsというハッシュタグをつけた椅子の様々な絵が、世界中からツイッターに投稿されました。椅子は、教育を受ける機会のない子どもたちとの連帯のシンボルになったのです。

ベストレビュー

孤児のお話

戦争がやってきて、孤児になってしまい、難民となって
行き場所どころか、いていい場所さえない状態・・。

戦争による難民ってこういうことなのか・・と
改めて気づかされます。

戦争で心身ともに一番傷つくのは
子供や心身が不自由な人といった
社会的弱者なのだと思います。
ただ
みんながその日その日を生きるのが精いっぱいな時に
なかなかほかの人にまで手を差し伸べることは勇気がいります。
十分なことができず、かえってかわいそうなことになってしまうかも・・と。

国家間の紛争のけりを
「戦争」でつけようというのは
賢い方法ではないのだということを
そろそろわかってもいいくらいの歴史は経てきましたよね。
と、言いたいです。

(やこちんさん 50代・ママ 女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ニコラ・デイビスさんのその他の作品

ぼくの犬スーザン / 空の王さま / いろいろ いっぱい ちきゅうの さまざまな いきもの / ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつの せかい / やくそく / あたしがおうちに帰る旅

レベッカ・コッブさんのその他の作品

あなの なかには… / ごはんのじかん / ゆきが くれた おくりもの / おかあさん どこいったの? / ふたりだけのとっておきのいちにち / からっぽの くつした

長友 恵子さんのその他の作品

ピーターラビットのクリスマス 25の物語のアドベント PETER RABBIT CHRISTMAS / ぼくだけのぶちまけ日記 / グレース・ホッパー プログラミングの女王 / オオカミさん、いまなんじ? / ともだちはすんごくすんごくおっきなきょうりゅうくん / おうちにいれちゃだめ!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > せんそうがやってきた日

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

せんそうがやってきた日

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット