まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ふーってして
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふーってして

  • 絵本
作: 松田 奈那子
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふーってして」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2020年07月09日
ISBN: 9784041091371

縦210mm 横210mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

真っ白な紙に色水ぽとり。

「ねえ ふーって して」

そうすると、どうなるの?
ページをめくると……あっ、たいよう。

次はみどりをぽたぽた、ふーっとすると。
草がはえてきたよ。
不思議、不思議、おもしろい!

ふーっとすると、ハリネズミのはりが生えてきたり、ねこのおひげが伸びてきたり、まつ毛がびょーんと長くなったりして。ねえねえ、いったいどうなってるの?

答えはね、紙にたらした色水をストローや口を使ってふーっと生きを吹きかけるのです。そうすると、色水がよくのびて線を描き出すのです。なんだ簡単。簡単だけど、けっこうすごい。思ったよりもずっと素敵で驚きの絵が生まれちゃう。なんだか色が生きてるみたいだね。

絵を描くだけでなく、子どもたちが気軽に楽しめる工作や遊びが大好きな松田奈那子さん。この絵本も、ふーっと絵本に息を吹きかけるだけで参加できちゃうし、読み終わって真似してみてもきっと楽しい。想像力や好奇心を刺激してくれる、美しくて愛らしい1冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ふーってして

ふーってして

出版社からの紹介

きいろの いろみず ぽとり
ねえ ふーって して

絵本に向かってふーってすると、画面いっぱいに色彩が広がります。
「次はどうなるのかな?」想像力をふくらませながら、
感じるまま、大人も子どもも遊んでみてください。

【おうちでふーってしてみよう!】
おうち遊びや、保育や図工の時間に楽しめる色水遊びの解説付き。

ベストレビュー

ふーって ストローでふいたら おもしろいかも  遊べるね

この絵本は 遊び方も書いてあって  色水をポトリとおとして

そして ストローでふーって ふいたら いろいろに飛び散って きれいですね

こんな 絵をかいて やってみたら 遊べますね

さあ!   夏休みなんか 子どものアイデアで 遊べる絵本ですね
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松田 奈那子さんのその他の作品

おばけきょうだい はじめてのハロウィーン / どたんばたん おるすばん / まる / でこぼこぬりぬりなにがでる? / どこどこ山はどこにある / うたのすきなねこ ララとルル すてきないちねん


絵本ナビホーム > > ふーってして

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

ふーってして

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット