ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
希望、きこえる? ルワンダのラジオに子どもの歌が流れた日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

希望、きこえる? ルワンダのラジオに子どもの歌が流れた日

  • 児童書
著: 榮谷明子
出版社: 汐文社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年06月30日
ISBN: 9784811327457

小学高学年
152ページ

出版社からの紹介

もし、あなたが、友達が誰もいない国で暮らすことになったらどうしますか?
その国の子どもたちのために何かしてくださいと頼まれたら、何をしますか?

ユニセフの職員としてアフリカのルワンダで働く日本人・明子さんは、ルワンダ人の仲間と協力して、子どもたちのためにラジオ番組をつくることにしました。

ラジオを通して、ルワンダ全国の子どもたちに、優しい言葉や楽しい歌を届けたい!
明子さんの夢はかなうのでしょうか。

しなやかな生き方,熱い気持ち、信頼できる仲間をみつけること、考えて行動すること。この本には、これからの社会を生きていくのに大切なヒントがつまっています。

推薦のことば
赤川次郎(作家)
この本を読んで、私が何より嬉しいのは、明子さんが早くから「生きる目標」を持ち、それを実現すべく、二十年の間努力し成長して来たことが伝わってくるからです。
ルワンダと聞いても、私もアフリカのどこか、としか知りませんでしたが、明子さんはその国で、子供太刀のためのラジオ番組を立ち上げたのです。
絶えず、明日へ。明子さんの確かな歩みを、私もできる限り応援していきたいと思っています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 希望、きこえる? ルワンダのラジオに子どもの歌が流れた日

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

希望、きこえる? ルワンダのラジオに子どもの歌が流れた日

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット