INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ルドルフとノラねこブッチー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルドルフとノラねこブッチー

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 杉浦 範茂
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年06月25日
ISBN: 9784065196984

判型:A5
ページ数:272ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

年の瀬もせまったある日、今まで文字に興味を示したことが一度もなかったブッチーが、文字を習おうかなと言いだした。同じ頃、どこかに引っ越しをしてしまったブッチーのもとの飼い主を近所で見かけたと犬のデビルから聞いたルドルフは・・・・・・。
今度はルドルフとブッチーが旅に出る??
さらに成長したルドルフとブッチーたちが活躍する「ルドルフとノラねこブッチー」は、小学生読者はもちろん、かつて愛読者だった大人たちも感涙の一冊です。

※小学2年生以上の漢字にルビ付

ベストレビュー

文武両道の猫たちのお話

ルドルフシリーズ、5作目です。
前回のスノーホワイトから約8年ぶり、待ちに待った新作です。

今回はブッチーが主人公。
金物屋の飼い猫だったブッチーが、飼い主の引っ越しを機にノラ猫となっていましたが、最近その飼い主を町で見かけるようになり・・・

思えば、1作目でもイッパイアッテナの仇をうったのはルドルフとブッチーでしたし、ブッチーの子どもたちのお話もあったり、とにかく脇役とはいえブッチーはこの作品には無くてはならない存在です。
例えて言うなら「ハリーポッター」のロンとか、「動物のお医者さん」の二階堂とか、場合によっては主人公よりも愛すべきキャラと言えるかもしれません。
そんなブッチーがある決心をし、それを周りが応援します。

それにしても、ルドルフにしてもイッパイアッテナにしても、この作品に出てくる猫たちは文武両道のスーパーキャットですね!
郵便番号簿や時刻表も読めるし、戦国武将なんかにも超詳しい。
ことわざの類も随所に出てきて、読みながら勉強になります。
そして喧嘩も強い、強すぎる。決闘シーンはアッパレでした!

個人的には大みそかの晩の3匹の会話がツボでした。
続編は出るのかな?
またいつかルドたちに会えるのを期待して待ちたいと思います。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / おうちであそぼう! おばけずかん くらやみでひかる! マグネット 61まいつき / びーだまふくろう / ちょっぴりこわい!? おばけずかん おばけだらけの まちがいさがし / こわいけど、おもしろい! おばけずかんクイズBOOK / レストランのおばけずかん ふらふらフラッペ

杉浦 範茂さんのその他の作品

ジュース / ニルゲンツものがたり へんてこだより / ピノキオ / 読書リレー(3) 5〜6年生 カリカリ症候群  / 絵本の絵を読み解く / こめかくし


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ルドルフとノラねこブッチー

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

ルドルフとノラねこブッチー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット