新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
盆土産と十七の短篇
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

盆土産と十七の短篇

著: 三浦哲郎
出版社: 中央公論新社

本体価格: ¥860 +税

「盆土産と十七の短篇」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年06月24日
ISBN: 9784122069015

256ページ

出版社からの紹介

えびフライは、口のなかに入れると、しゃおっ、というような音を立てた――。

東京へ出稼ぎに行った父が、えびフライを携えて帰る「盆土産」ほか、「金色の朝」「春は夜汽車の窓から」「とんかつ」など、中学・高校の国語教科書で親しまれた名作を中心に編んだ、文庫オリジナル短篇集。

川端康成文学賞受賞作「じねんじょ」を収録。

自作について綴った随筆三篇を付す。〈巻末エッセイ〉阿部 昭


【目次】

盆土産

金色の朝

おふくろの消息

私の木刀綺譚

猫背の小指

ジャスミンと恋文

汁粉に酔うの記

方言について

春は夜汽車の窓から

おおるり

石段

睡蓮

星夜

ロボット

鳥寄せ

メリー・ゴー・ラウンド

とんかつ

じねんじょ

  〇

〈自作について〉

「盆土産」のこと

「金色の朝」のこと

一尾の鮎

  〇

〈巻末エッセイ〉

仕事場の住人 阿部昭

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三浦哲郎さんのその他の作品

ユタとふしぎな仲間たち



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット