新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
ハナコの愛したふたつの国

ハナコの愛したふたつの国

  • 児童書
著: シンシア・カドハタ
訳: もりうち すみこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年07月16日
ISBN: 9784092906372

408ページ

出版社からの紹介

アメリカと日本の間で揺れた家族の物語

ハナコの家族は、ロサンゼルスでレストランを経営して暮らしていた。
しかし、大きな戦争が終わり、船で日本を目指すことになる。
日本は、ハナコにとって未知の国だ。

「ハナコ、ぼく、こわいよ。
どうして、こんな船に乗らなきゃいけないの?」
「もう、アメリカには、私たちの居場所はないからよ」

ハナコたちは、すべてをなくして、日本に降り立った。
ハナコたちを待っていたのは、戦後間もない荒れ果てた大地。そして、ハナコたちを愛してくれる祖父母だった。

歴史に翻弄されながらも、前を向いて生きる強さを教えてくれる感動作品。




【編集担当からのおすすめ情報】
「全編にちりばめられているのは、家族三世代の強い絆と、人が生きていく上での『希望のありか』だ。切なく深い物語は、一読、心を去らないだろう」
帯に寄せていただいた、広島を描く児童文学作家、朽木祥氏の言葉が、この作品のすばらしさを伝えています。


ベストレビュー

夏休みの1冊にも。

終戦が夏だったからか、夏休みには戦争について考えてみるという習慣が親の私は子供の頃にありました。
例えば、戦争もののドラマや映画がテレビでも放送されていたのを見たり、夏休みの読書感想文は戦争の本を読んで書いたり。
それゆえに、我が子にも夏には戦争の本の読み聞かせをしたりしています。
戦争体験者が少なくなった現代こそ、子供達に戦争について考えたほしく思うのです。
こちらの本も戦後のお話で、とてもいいな〜と思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シンシア・カドハタさんのその他の作品

草花とよばれた少女 / きらきら

もりうち すみこさんのその他の作品

火星のライオン / きけんなゲーム / 十歳、ぼくは突然「敵」とよばれた 日系アメリカ人の政治家ノーマン・ミネタ / 11番目の取引 / 子ぶたのトリュフ / ライオンつかいのフレディ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ハナコの愛したふたつの国

愛を伝える絵本 レビューコンテスト

ハナコの愛したふたつの国

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット