話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

オバケちゃん学校へいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オバケちゃん学校へいく

  • 児童書
作: 松谷 みよ子
絵: いとう ひろし
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784061952874

小学初級から
A5判 94ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ほたるがとんでるっていう小学校にいってみたら、火の玉がいっぱい。ぼくはそこで、とけいをつけた、へんな火の玉となかよくなったんだけど、その火の玉は、なにかをさがしてた。いったい、なにをさがしてるのかな?

ベストレビュー

昔の学校探検

いとうひろしさんが絵を書いてるので借りてみました。
オバケちゃんが廃校寸前の校舎に探検に行きます。そこでであった時計をつけたオバケとの交流を描いています。

甲・乙・丙、丁、などの通知表の用語が出てきたり、時計をつけたオバケのおじいちゃん世代のことが沢山でてきます。きっと、松谷さんはこのお話を通して昔の学校のことを今の子供たちにも知ってほしかったのかもしれません。

廃校になる学校を舞台にした通知表探しは、ほのぼのとしていてよかったです。でも、最後に本当に通知表は枕元においてよかったのかな?と、少し思いました。

絵もかわいく字のボリュームもそれほど多くないと思うのですが、
結局我が家では私が下の子も含めて二人に読み聞かせる羽目になりましたが、物語が好きな低学年の子なら、あきさせないストーリーとかわいい絵でひとり読みにいいと思います。
(きゃべつさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ / まえがみたろう〈前編〉 / まえがみたろう〈後編〉 / さるとかに

いとう ひろしさんのその他の作品

くろりすくんとしまりすくん / おいかけっこのひみつ しましまとたてがみ / フウちゃんクウちゃんロウちゃんのふくろうがっこう / 学校へ行こう ちゃんとりん / ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと / おさるのよる



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

オバケちゃん学校へいく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット