話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
季節
せつぶんワイワイまめまきの日!

せつぶんワイワイまめまきの日!(文溪堂)

ストーリーを楽しみながら節分の知識が身につく!

  • 全ページ
  • ためしよみ
つるかめ つるかめ
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

つるかめ つるかめ

  • 絵本
作: 中脇 初枝
絵: あずみ虫
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年08月03日
ISBN: 9784751529683

3〜5歳
193mm×191mm 33ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

雷がゴロゴロ鳴っている。地震がきてぐらぐら揺れている。
風がびゅうびゅう吹いてきて……。

ああ、どうしよう。
自分たちの力ではどうにもならないことが起きた時。
とっても怖いし、とっても不安。
私は臆病だから。

でもね、あなただけじゃないよ。
大人だって不安だし、昔の人だってずっと怖いと思ってきた。
あたりまえだよね。
だからこそ、こんなおまじないが伝わっているんだって。

「くわばら くわばら」
「まじゃらく まじゃらく」
「とーしー とーしー」

なんだか不思議な言葉。どんな意味があるんだろう。じゃあ、今みたいに病気になるのが怖かったり、説明できないけど嫌な事があったときには、どんなおまじないがあるの……?

表面上はわからなかったとしても、子どもたちをじわじわと苦しめるのは「不安な心」、そして「臆病で怖がりな心」。これを克服するのは難しい。だって、驚くことに大人になってもその心はなくならないのですから。この絵本の作者中脇初枝さんも、絵を描かれているあずみ虫さんもそう。そんなお二人が子どもたちの心に寄り添い、はげましてくれる絵本をつくってくれました。

心が落ち着くおまじない。

「つるかめ つるかめ」

繰り返し声に出して読んでおけば、いつか助けになってくれる日があるかもしれない。勇気をもらえるかもしれない。そんな願いをこめて読んでくださいね。巻末にはおまじないの意味や由来も収められていますよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

不安な世の中を生きる子どもたちへ。

自分の力ではどうしようもないことが起こったとき、むかしの人たちは、おまじないを唱えて乗りこえてきました。おくびょうで、こわがりは、あたりまえ!ずっとむかしから、だれでもどきどきしたり、こわくなったりしたからこそ、このようなおまじないが伝えられてきたのです。

ベストレビュー

おまじないの力☆

2020年に発行された絵本です。自分たちの力だけではどうにもできない疫病と共存する子どもたちに向けたエールのように感じました。あとがきにもあるように、おまじないの力は、自分を励まし勇気をもらい心の助けにもなりますね。

娘たちも怖がりなのでそういう人たちがたくさんいるってことを感じて少しほっとしていました。
(ouchijikanさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中脇 初枝さんのその他の作品

おだんごころころ 日本のおはなし / マーヤのさるたいじ 日本のおはなし / 花をさかせたがらない小さなキャベツ フランスのおはなし / わたしがテピンギー ハイチのおはなし / ちからもちのおかね 日本のおはなし / あかいくつ

あずみ虫さんのその他の作品

じゅう じゅう じゅう / おねぼうさんはだあれ? / ぼくたちのきせき / ぶぶるん ふるふる / おまつり / わたしのこねこ



『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

つるかめ つるかめ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット