話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

ホーム・ラン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ホーム・ラン

著: スティーヴン・ミルハウザー
訳: 柴田 元幸
出版社: 白水社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年07月13日
ISBN: 9784560097793

206ページ

出版社からの紹介

一篇一篇から宇宙全体が飛び出してくる

 スティーヴン・ミルハウザーの最新短篇集Voices in the Nightは、2冊に分けて刊行する。まず1冊目が、それぞれ多彩な奇想に満ちた八つの宇宙が詰まった本書『ホーム・ラン』だ。(2冊目は『夜の声』[仮題]として刊行予定。)
 ミルハウザーの短篇の多くに共通する、「ここではないどこかへの希求、その恍惚と挫折」ともいうべきテーマは、本書でも健在だ。むしろそうした流れのなかで、またしても意外な新手を繰り出してくる想像力と、技巧を凝らした一途な名人芸が、読者を圧倒するだろう。
 魔法の鏡磨きが男と恋人の心にもたらす光と影を描く「ミラクル・ポリッシュ」、町に謎の自殺願望が流行した半年を記録する「私たちの町で生じた最近の混乱に関する報告」、1本の決定的本塁打がたどる驚異の軌跡を追う表題作など、緻密な筆致で、壮大かつ深遠な宇宙を描く8篇を収録。
 日本版のみに特別収録した、ミルハウザー自身のエッセイ「短篇小説の野心」から引用する。「短篇は一粒の砂に集中する、そこに―すぐそこに、己の手のひらに―宇宙があると烈しく信じて」。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

柴田 元幸さんのその他の作品

ブルックリン・フォリーズ / 改訂増補新版 エドワード・ゴーリーの世界 / サンセット・パーク /  / 『ハックルベリー・フィンの冒けん』をめぐる冒けん / わたしの兄の本



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット