話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
岩波少年文庫 ピッピ南の島へ

岩波少年文庫 ピッピ南の島へ

  • 児童書
作: アストリッド・リンドグレーン
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥680 +税

「岩波少年文庫 ピッピ南の島へ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784001140163

小学4,5年以上
小B6判・並製・カバー・216頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

自由な生活を楽しんでいる世界一強い女の子ピッピが,こんどは友だちのトミーやアンニカ,馬やサルもいっしょに連れて,お父さんと南太平洋の島に出かけます.ゆかいなピッピの第3話.〔解説・落合恵子〕

ベストレビュー

ピッピ3作目です。

我が家の娘も「ピッピ」大好きです!
我が家はローレンチャイルドのユニークなイラストがすごく好きで,「長くつ下のピッピ」はそちらのものを購入しました。でも続編は出ていなく。
2作目「ピッピ船にのる」3作目「ピッピ南の島へ」はこちらの岩波書店さんです。
大好きなピッピ,やっぱり続編あるだけ読んでみたいので!
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

名探偵カッレ 危険な夏の島 / やかまし村はいつもにぎやか / 名探偵カッレ 地主館の罠 / やかまし村の春夏秋冬 / 名探偵カッレ 城跡の謎 / やかまし村の子どもたち

大塚 勇三さんのその他の作品

あかずきん グリム童話 / いしになった かりゅうど モンゴル民話 / ウルスリのすず / 岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 岩波少年文庫 ピッピ南の島へ

今月の新刊&オススメ絵本情報

岩波少年文庫 ピッピ南の島へ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット