話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
樹上の葉 樹上の花 中国少年文学館

樹上の葉 樹上の花 中国少年文学館

著・訳: 曹 文軒
出版社: 樹立社

税込価格: ¥1,760

「樹上の葉 樹上の花 中国少年文学館」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年04月15日
ISBN: 9784901769938

中学以上
172mm×122mm 372ページ

出版社からの紹介

本邦初訳! 原題『細米(シーミ=)』
中国は大文化革命時代、大河のあぜにある村に下(か)放(ほう)青年(女子)の梅(メイ・)紋(ウェン)と、村の少年細米との出会い、その両親、細米の学校仲間たち、先生たち、村人との交流描く。
梅紋は、腕白(わんぱく)だが感受性豊かな細米の彫刻への才能にいち早く気づき伸ばそうとする。
一方、初恋ともいえる細米の彼女へのいちずな思い。そこから様々な冒険や事件が繰り広げられていく。
時代の奔流に巻き込まれ、厳しい環境の中。しかし、教師となった梅(メイ・)紋(ウェン)と細米と村の子供たちは、様々な困難に向き合いながらも、心温まる交流の中で成長しあう姿を描き出す。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


曹 文軒さんのその他の作品

風のぼうけん / とおくまで / サンサン / よあけまで


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 樹上の葉 樹上の花 中国少年文学館

4月の新刊&オススメ絵本情報

樹上の葉 樹上の花 中国少年文学館

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット