話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
きっと どこかに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きっと どこかに

  • 絵本
作: リチャード・ジョーンズ
訳: 福本 友美子
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年08月11日
ISBN: 9784577048795

3〜5歳
250mm×285mm 32ページ

出版社からの紹介

ひとりぼっちのかわいそうな子犬には、帰る場所がありません。
自分のものと言えるのは、首に巻いた赤いスカーフだけ。
ある日、流れる川に落ちた一枚の葉っぱを追いかけ、
子犬は町に迷い込み…。

「きっと どこかにある」と信じて歩みを止めない子犬。
風が吹いても、雨がふっても、あきらめずに進みます。
途中、においにつられて入り込んだカフェでは、
人々に心ない言葉を投げつけられてしまいます。
少し物悲しげな雰囲気が漂いつつも、ラストに向かってお話はゆったりと進みます。
イラストの風合いも相まって、あたたかく心にじんわりと入ってくる内容となっています。

作者のリチャード・ジョーンズの作品は
『ガラスのなかのくじら』(トロイ・ハウエル/共著 あすなろ書房)、『キツネのはじめてのふゆ』(マリオン・デーン・バウアー/作 鈴木出版)、『だいすきライオンさん』(ジム・ヘルモア/作 フレーベル館)など今日本でも注目され邦訳が各出版社より発刊していますが、
今作はリチャード・ジョーンズが作・絵ともに手がけた絵本、初めての邦訳作品です。
居場所をテーマとするこの絵本ですが、教訓めいているわけではなく、
寂しさとぬくもりが共存するイラストと、福本友美子先生によって訳された優しい言葉たちのおかげで
じっくりと味わいたくなるような絵本になっています。

イギリスの人気イラストレーターが描き出す、
アメリカ、フランス、ドイツ、韓国など
世界10か国で出版されている、
イギリスで話題の絵本です!

ベストレビュー

寄り添う女の子の存在

絵がお洒落な感じで素敵だし
福本さんの訳なので借りてみました

内容的には、以前にも、どこかで
読んだことあるような
あったようなおはなし

赤いスカーフだけが頼りで
なんとも、淋しく心細いことか・・・

ずっと、赤い帽子の女の子が
見守っている姿が
いいんです

読後、ホッとするのがいいですね
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

リチャード・ジョーンズさんのその他の作品

山はしっている / キツネのはじめてのふゆ / だいすき ライオンさん / ビジュアル世界一の昆虫

福本 友美子さんのその他の作品

どうなってるの?ウイルスと細菌 / はつめいたいかい / どうなってるの?恐竜の世界 / 虫ガール ほんとうにあったおはなし / はたらくくるまたちとちいさなステアちゃん / どうぶつたちのがっこうって?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > きっと どこかに

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

きっと どこかに

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット