話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ぼくは むくどりのヘンリー

ぼくは むくどりのヘンリー

  • 絵本
著: アレクシス・ディーコン
絵: ヴィヴィアン・シュワルツ
訳: 青山 南
出版社: カクイチ研究所

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくは むくどりのヘンリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年06月
ISBN: 9784910154060

出版社からの紹介

「わたし」のめざめと、「みんなのために」と……
  子どものこころの歩みを、音楽のように目で聴く、絵物語。

 「あ、ぼくはかんがえている」、チュンチュン、ピーチク、さわがしく暮らしていた、むくどりのヘンリーが、ある日、ふと気づきます。「ぼくはヘンリーだ」。うれしさのあまり、「ぼくって、すごい」。
 でも、この考えは怪物に食べられて、たちまち粉々に。そうだ、だれかさんの、ごはんになっただけだけだ。でも、ぼくにはしなきゃならないことがある、みんなのために。「みんな」のための「わたし」へ、親指ヘンリーの大冒険。

 子どものコミカルな発想と行動を描いて、日本で評判を呼んだ前作『ぼくたちの いえは どこ?』に続く、イギリスの気鋭の絵本作家、ディーコンとシュワルツのコラボ作品。

ベストレビュー

哲学的

表紙の指紋のむくどりに興味をひかれて、よんでみました。いつも群れでいるむくどりは騒がしくて自分の考えは聞こえません。そんななか、考えだした、むくどりのヘンリー。思ってもみなかった独創的なお話の展開におどろきました。短い文章でかかれた内容は深く、哲学的で、考えさせられました。
(あんじゅじゅさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アレクシス・ディーコンさんのその他の作品

かんがえよう、コギト / ぼくたちの いえは どこ? / ともだちになって

ヴィヴィアン・シュワルツさんのその他の作品

えほんのなかにねこがいるよ / はなおとこ

青山 南さんのその他の作品

そばにいるよ、わたしも / だいすきな うみと きみと / 蛾 姿はかわる / キツネ 命はめぐる / ひとりきりでも(そんなに)こわくない / すなの おしろ


絵本ナビホーム > > ぼくは むくどりのヘンリー

Z会の小学生向け新教養書「99%シリーズ」の魅力を紹介!

ぼくは むくどりのヘンリー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット