話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
祇園精舎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

祇園精舎

  • 絵本
編: 齋藤 孝
絵: 山本 孝
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784593560554

A4変・32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり……日本語の暗誦の定番「平家物語」の冒頭が絵本になりました。
琵琶法師のたくみな語りに魅せられて、観客たちが見たものは……。武士の物語である「平家物語」の力強さと、
根底に流れる無常観とを描いた大迫力の絵本。

ベストレビュー

力強く、おどろおどろしく印象深い

祇園精舎は、男性的な文体の響きなので、山本孝さんの描く力強く色彩もはっきりとした表現が、ぴったり合っていてよかったです。
琵琶法師が、祗園精舎を語り歩く様子を描いているのだが、物語の中に登場する昔の愚かな武将達が、生き生きと背景に現れて、そのうち恐ろしい形相になったり、また、惨めな姿になってしまったり、上手く表現されている。
子供にとっては、意味がまだまだわからないところではあるが、この絵本によって、ちょっと恐い怪談話のような絵を楽しみつつ、この暗証するに値する名文が、少しでも耳に残ればよいのではないでしょうか。
(はなしんさん 40代・ママ 女の子10歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


齋藤 孝さんのその他の作品

何のために本を読むのか / 友だちってなんだろう?ーひとりになる勇気、人とつながる力 / 齋藤孝のお話でみにつく!ことば図かん 小学1・2年生 / 文庫 声に出して読みたい親鸞 / 未来の自分に出会える古書店 / やばいことわざ

山本 孝さんのその他の作品

ウルトラマンとぼくらVS怪獣ぐんだん / じめんのしたにはなにがある / にんじゃ つばめ丸 はつにんむの巻 / アカンやん、ヤカンまん / しんかい たんけん! マリンスノー / アブナイおふろやさん



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

祇園精舎

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット